イーサリアムの平均ガス代が1.57ドルに下落、2020年以降で最低に

アルトコイン/他
この記事は約2分で読めます。

イーサリアムのエコシステムがメインストリームで優位に立つための最大の障害は、取引を完了するために必要なガス代と呼ばれる非常に高い取引手数料に起因していることが多い。しかし、イーサリアムの平均ガス手数料が0.0015イーサ(ETH)に下がることで、その状況は変わりつつある。

イーサリアムのブロックチェーンの平均取引手数料は、2020年12月水準である0.0015ETH(約1.57ドル)に下がった。ガス代の高騰は2021年1月から、ノンファンジブルトークン(NFT)や分散型金融(DeFi)、強気相場に関するハイプにより、イーサリアムのガス代が急増していた。

Ethereum average transaction fee YTD. Source: BitInfoCharts

2021年1月から2022年5月までの約2年間、イーサリアムネットワークが必要とする平均ガス代はおよそ40ドルで、2022年5月1日には196.638ドルの最高ガス代を記録していることが、BitInfoChartsのデータから明らかになった。

このガス代の急落を裏付けるように、コインテレグラフは2日に、1日のNFTの売上高も1年ぶりの低水準に落ち込んでいることを明らかにした。NFTエコシステムは6月に今年最悪のパフォーマンスを記録し、1日の総販売数はおよそ1万9000件、推定額で1380万ドルに落ち込んだ。

Number of daily NFT sales between June 2021 - June 2022. Source: NonFungible
タイトルとURLをコピーしました