アルトコイン

イーサリアムクラシックが高騰

昨日と本日、Ethreum Classicが高騰しています。前日比は約7.5%上昇し1300円台に回復しました。後はZcashも高騰しており、前日比15%となっています。

順調に推移していたイーサリアムは先日の、ビザンチウムハードフォークが延期になってしまったことがやや響いたのか、もしくはハードフォーク懸念をやや警戒した堅調な動きとなっています。

その他は前日とあまり変わらぬ動きで、全体的にアルトコインの調子が良いですね。

20170927-01

 

イーサリアムクラシック高騰の理由

中国当局がICO規制に踏み切ったことをきっかけに、先週、仮想通貨市場が暴落しました。他のコインは大きく回復を見せていましたが、イーサリアムクラシックだけは戻りが弱く、出遅れ感がありました。その為割安で放置されていたことが買いに繋がったことが考えられます。

さらに、11月13・14日とイーサリアムクラシックは香港でのサミットを開催する予定ですので、このようなイベントが控えている事前には価格が大きく上昇することがあります。前回、イーサリアムがDevcom2のイベントを行ったときも大きな上昇に繋がりました。

そして最後に、イーサリアムクラシックを強く支持しているバリー・シルベール(Barry Silbert)氏のこんなツイートを見つけました。

あるツイッターユーザーが、バリー氏に対して「バリー、これってまさかETCの報酬減額へのカウントダウン?」と質問しています。

これに対して彼はこう答えています。

そうさ。最初のイーサリアムクラシックブロック報酬の減額まであと77日。ecip1017.com

ECIP1017のカウントダウンが始まっているウェブサイト内の説明について、要約します。

ECIP 1017とは?
Ethereum Classicのコミュニティは、2016年の7月の創業以来、大幅に成長して参りました。Ethereum Classicがビジョンをさらに高めるために、投資家、開発者、ビジネスオペレーターの長期的な利益を保つ、マネタリーポリシー(金融政策)が必要だと考えています。
 
新しいマネタリーポリシーは、ETC発行総額の限度額を設定いたします。 ブロック報酬は、ブロック数5,000,000で20%、その後5,000,000ブロックごとに20%ずつ減少します。ETCの報酬率の変動により、総供給は約2億1,000万ETCとなる見込みで、2億3,000万ETCを超えることはありません。

このようにイーサリアムクラシックは発行上限数を決めたマネタリーポリシーを採用しており、これはビットコインと同じで、通貨がある一定以上の価値を保つようにされています。

ビットコインも半減期を向かえるごとに大きく価値を上昇させてきました。発行上限数いっぱいまでくると、今後は新しく通貨を生み出すことは出来ないため、さらなる価値の高まりを期待できるのです。

その最初の報酬減額まで、ETCカウントダウンが始まったことから、駆け込み買い需要も考えられそうです。

 
初心者の方ならゼッタイお薦めはコインチェック。
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

関連記事

  1. アルトコイン

    リップルの価格が上昇。さらなる波が来るのか?

    リップルのXRPが上昇中。ここからさらに上昇するか注目が集まっています…

  2. アルトコイン

    世界最大規模の仮想通貨マイニング工場”Bitmain”の驚くべき設備

    中国の北に位置する内モンゴル自治区のオルドス郊外にある、SanShan…

  3. アルトコイン

    仮想通貨分析家トム・リー氏、やられていたイーサリアムが息を吹き返すと予測

    イーサリアムにとって2018年は厳しい年となった。しかしビットコイン強…

  4. アルトコイン

    ライトコインの価格が急上昇 1週間で36%増

    ライトコインの価格は過去24時間で8%上昇し、1週間でトータル35%以…

  5. アルトコイン

    コインチェック再開の目処を発表、ネムは88円で返還

    8日16時より、コインチェックが緊急記者会見を行ないました。記者会見は…

  6. アルトコイン

    最新の調査結果、投資家は仮想通貨の強気相場が来ると考えている

    仮想通貨市場に長い冬が続いているが、最新の調査によると個人投資家と機関…

過去記事

新着記事

PAGE TOP