ウクライナ当局、違法な仮想通貨マイニング施設を捜索 | 3800台のプレステ4を押収

ビットコイン(BTC)
この記事は約2分で読めます。

ウクライナ当局は、同国内で違法操業していた仮想通貨マイニング施設を捜索した。この施設からマイニングに使用されていた3800台のプレイステーション4や500枚以上のグラフィックカードを押収した。

ウクライナ保安庁の発表によると、違法なマイニング施設はヴィーンヌィツャ市の電力供給会社JSCビニツァオブレネリョの旧施設内にあった。JSCビニツァオブレネリョからの電気を盗むため、違法なマイナーは電気メーターを操作していたという。

ウクライナ当局によって発見・捜索したこの違法マイニング施設には、3800台のプレイステーション4コンソール、500枚以上のグラフィックカード、50代の処理ユニット、携帯電話やノートパソコン、フラッシュドライブなどを含む総計5000台近くの機器があった。

ウクライナ当局によれば、この違法マイニング施設による電気盗難の被害額は月あたり18万6200~25万9300ドルにあたると推定している。

ソニーのゲーム機であるプレイステーション4が仮想通貨マイニングに利用されるケースが出ているが、プレステ4は仮想通貨をマイニングするためには理想的な装置ではないとの指摘もある。現在利用可能な多くのマイニング装置と比較すると、合法的に電気料金を支払う場合には意味のある利益を生み出すことができないという。

ウクライナは東欧の国の中では、仮想通貨の流通や発行などのを含む暗号資産の法的ルールを整備しており、仮想通貨イニシアチブでは先進的な国として知られれている。

タイトルとURLをコピーしました