エルサルバドルが押し目買い ビットコインの43000ドルへの暴落で

ビットコイン(BTC)
この記事は約2分で読めます。

ビットコインが暴落したことによって、押し目を購入したことでエルサルバドルも利益を得たようだ。

Cointelegraph Markets Proによると、6日に52,800ドルを超える高値を記録したビットコインの価格は、7日に42,900ドルまで急落した。ピークから谷までの24時間で、約19%も暴落した。

BTC price appears to have bounced off the intraday low of $42,900. It was last seen trading just below $47,000. Source: Cointelegraph Markets Pro

エルサルバドルのナジブ・ブケレ大統領は、この暴落を押し目買いの機会だとみて、ビットコインを買い増ししたことをツイートした。

しかしその5分後には「ディスカウントが終わってしまった」とすぐに価格が反発してしまったことを残念がりながらも、ビットコイン購入によって「100万枚の印刷された紙幣を節約できた」とIMFをメンションしてツイートした。IMFはエルサルバドルのビットコイン法定通貨化を警告しており、このIMFの姿勢を揶揄した。

押し目買いによって、エルサルバドルは現在550BTCを保有している。現在の価格で約2880万ドルの価値がある。

タイトルとURLをコピーしました