カニエ・ウェスト氏に続きこの人も?仮想通貨業界の重鎮が米大統領選に出馬

経済/社会
この記事は約1分で読めます。

ディズニーの元子役で仮想通貨(暗号資産)業界の重鎮、ブロック・ピアース氏が米大統領選に立候補した。

5日に同氏がツイッターで発表した。

ピアース氏のキャンペーンサイトでは、自身がデジタル通貨分野でのパイオニアであることや、設立した企業で50億ドル以上の資金調達を行なっていることが記載されている。

ピアース氏はビットコイン財団の会長であり、EOS連盟やBlock.one、ブロックチェーン・キャピタル、テザー、初めてICOを実施したマスターコインの共同創業者でもある。キャンペーンサイトでは政党への立候補を模索しているのか、無所属で出馬しているのかは書かれていないものの、ツイッターで無所属で立候補したことを明らかにしている。。

米大統領選では、同日に米ミュージシャンのカニエ・ウェスト氏も出馬を表明している。

タイトルとURLをコピーしました