ゴールドマン・サックスやコインベース、仮想通貨投資企業に45億円出資

ビットコイン(BTC)
この記事は約2分で読めます。

45億円調達

米国の資産運用企業One River Asset Management 傘下の暗号資産(仮想通貨)投資企業One River DigitalはシリーズAで、ゴールドマン・サックスやコインベースから45億円を調達しているブルームバーグが報じた。

One River DigitalはOne River Asset Managementの仮想通貨への投資に特化した子会社で、設立された昨年の12月当時、既に約630億円(当時の金額)相当のビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)を保有しており、2021年内には仮想通貨の運用額を約1,000億円に拡大する方針を明かした。

また、保有する仮想通貨をコインベースの機関投資家サービス『Coinbase Prime』で保管・運用していることから、コインベースのクライアントとして出資関係を持っている模様だ。

シリーズAには、ゴールドマン・サックスとコインベースのほか、保険大手Liberty Mutual Groupや英投資企業Infinity Investment Partnersも参加。One River DigitalのEric Peters CEOは、「資産運用界においてトークン化の世界に移るのは明らかな潮流だ。いかに活用し利益を生み出すかが肝心なところだと思う」とコメントした。

One River Digitalは複数の仮想通貨関連ファンドを提供するほか、現在、ビットコインETFをニューヨーク証券取引所のArca取引所へ上場させることも目指している。また、金融のデジタル化に対する意見を諮問委員会に提供してもらい、同社の透明性の向上努力に繋げるために、3月には政府の「インサイダー」であるSECのClayton元委員長を規制顧問役に起用した。

タイトルとURLをコピーしました