ビットコイン(BTC)

サウジアラビア億万長者の王子を拘束、ビットコインを押し上げるか?

サウジアラビア政府が打ち出した反汚職政策の一環で、多数の王族や現役閣僚が拘束されました。その中に世界で最も豊かなアラブ人と称される「アルワリード・ビン・タラール王子(62)」(Prince Alwaleed bin Talal)が含まれていました。王族の拘束は中東の政治経済に不安な影を落としています。

この結果は、ビットコインが中東でセーフヘブンになり得るきっかけとなるのでしょうか?

サウジアラビアの弾圧

サウジアラビアは昨今、社会の腐敗を徹底的に取り締まるように力を注いできました。サウジアラビアのサルマン国王は、幹部の逮捕を命じ、閣僚の役割から多くの高官を追放しました。逮捕された人のリストには、世界で最も豊かなアラブ人、アルワリード・ビン・タラールが含まれていたのです。

アルワリード王子は、ビットコインが「エンロン事件」のような崩壊に直面するだろうと言って、ビットコインに対する彼の否定的な意見が報道されたばかりでした。

エンロン事件;
アメリカのエンロン社の不正発覚事件のこと。1985年にエネルギー会社として発足したエンロン社は、不正が明るみにでて、株価が暴落した。結局、2001年末に破産宣告を出し倒産した。さらに、エンロンに続いて様々な企業の不正会計が次々と明るみに出たことで、一企業の倒産にとどまらない大事件に発展し、これを契機に、米国全体のコーポレートガバナンスが問われることになった。

今回の逮捕劇は、サルマン国王の息子である、モハメド・ビン・サルマーン皇太子(32)の権力の集中が目的と見られており、その下準備が整ったというのが多くの論評家の考えです。サルマーン皇太子はソフトバンクグループの孫正義と「10兆円ファンド」とも呼ばれる巨大ファンドを設立するなど、先見的な姿勢を有することで有名です。

20171106-01
(安倍首相と対談するモハメド・ビン・サルマーン皇太子)

現在中東では、ご存知のように宗教や資源に絡む様々な問題や、金融危機を抱えています。

カタール攻略

2017年6月上旬から、カタールの隣国であるサウジアラビア、エジプト、バーレーン、アラブ首長国連邦(UAE)は、イスラム過激派を擁護し、サウジアラビアの敵であるイランとの関係を維持していると非難してカタール国を封鎖しました。

カタールは中東の小さな国で、天然ガス埋蔵量が大きい。 世界銀行によると、購買力平価(PPP)(2016年の127.5万ドル)に基づく一人当たりGDPが最も高い国である。 また、2022年FIFAワールドカップの開催国にも指定されています。

カタールの近隣諸国が封鎖を強要している実際の理由は、カタールがアルジャジーラを支持していることだと考えられています。
 

バーレーン崩壊寸前

バーレーンは石油の豊富な中東で最も小さい国のひとつであり、GDPはサウジアラビアの5%となっている。その経済は石油に依存しており、最近の石油価格の低迷は、バーレーンの経済に緊張をもたらしています。

バーレーン中央銀行は、その通貨を米ドル(0.376バーレーンディナール= 1米ドル)に固定しているが、これは外貨保有が減少してきており、この状況にも限界が来ている。ブルームバーグによると、サウジアラビアに金融危機の支援を求めていると言います。バーレーンが通貨切り下げを行うとなれば、自国通貨を米ドルにペグ(固定)している他のほとんどの中東諸国にも、伝染効果を引き起こすことでしょう。
 

ビックコインは政府の暴動で立ち上がる

政治的または経済的な面、いずれかにおいても政府による間違った管理は、人々が富のために安全な避難所を見つけようとする結果を生み出すことになります。 歴史的には、こういう資産の避難先はいつもはゴールド(金)ではありましたが、ビットコインは分散型で境界のない性質を持つセーフヘブンとして急速に発展しています。

中東は、その広大な石油と天然ガスの埋蔵量など豊富な資源や、膨大な資産を持つ市民を抱えており、戦略が非常に重要です。 中東の裕福であるリーダー格らが、ビットコインに富の一部を移すことが、今の政治経済の不安定に対するリスクヘッジになると考え束愛には、とてつもない資金が流れ込み、ビットコインの価格は新しい高値になる可能性があるのです。

出典:https://cointelegraph.com/news/saudi-arabia-arrests-billionaire-prince-could-uncertainty-boost-bitcoin
Saudi Arabia arrests Billionaire Prince – Could Uncertainty Boost Bitcoin?

 
 
初心者にも見やすいアプリ画面と、盗難補償あり。
コインチェックでの仮想通貨取引がおすすめです。
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    韓国政府関係者、大暴落の前にインサイダー取引の疑い

    16日、17日にかけて仮想通貨市場は全面安の下落が続いていました。…

  2. ビットコイン(BTC)

    スナップチャットの初期投資家 – ビットコインは2030年までに50万ドルになる

    「スナチャ」の愛称で知られるソーシャルメディアアプリ(画像共有アプリ)…

  3. ビットコイン(BTC)

    インフラプロジェクトに匿名で38BTCの寄付

    ビットコインでの寄付を募るプロジェクトのひとつに、アフリカの子供たちに…

  4. ビットコイン(BTC)

    「2018年仮想通貨の時価総額は200兆円になるだろう」- マイケル・ノヴォグラッツ氏

    マイケル・ノボグラッツ氏の発言は当ブログにて何度も紹介しています。…

  5. ビットコイン(BTC)

    SECがウィンクルボスの申請したETFを却下。ビットコイン価格が8000ドルを割り込む。

    米証券取引委員会(SEC)は26日、ビットコインETFを証券取引所に上…

  6. ビットコイン(BTC)

    インド – 通貨危機の中、ビットコインを900ドルで買う人も

    インドでの高額紙幣廃止を受けて、民衆は大混乱の中、インドではビットコイ…

過去記事

新着記事

アクセストレード パートナーサイト募集
  1. ビットコイン(BTC)

    仮想通貨ファンドマネージャー、ベア市場は「ほぼ終わった」
  2. ビットコイン(BTC)

    CBOEでビットコイン先物取引が開始、急騰で一時取引停止も
  3. ビットコイン(BTC)

    韓国最大のビットコイン取引所がイーサリアム・クラシックによる取引を開始―手数料は…
  4. 仮想通貨全般/経済

    7月1日から仮想通貨 消費税撤廃
  5. 仮想通貨全般/経済

    8月のイーサリアムの投売りが2018年の底打ちの証?
PAGE TOP