サッカー界のレジェンド「ペレ」のNFT販売へ

アルトコイン
この記事は約3分で読めます。

NFT売上の9割を慈善団体へ

サッカー界のレジェンド選手であるペレ(Edson Arantes do Nascimento)氏の非代替性トークン(NFT)が発売されることが分かった。

イーサリアム(ETH)のネットワーク上に構築されたNFTプラットフォーム「Ethernity Chain(以下、Ethernity)」にて、5月2日より発売される予定だ。5月のNFTコレクションの発売後も、年内にさらに新たなペレ氏のNFTコレクションがリリースされる見込みである。

ペレ氏のNFT売上額の90%は、氏が2018年に創設した慈善団体「ペレ財団(Pelé Foundation)」に寄付される予定だ。ペレ財団は、世界中の貧しい子供たちを支援したり、教育面でサポートすることに重きを置いている。

Ethernityによると、ペレ氏をモチーフとしたトレーディングカードのデジタル版リリースは今回が初。ペレ氏の収集カードは、物理的な紙媒体ではすでに存在しており、保存状態の良い1958年のカードは、288,000ドル(約3,100万円)という高額で取引された事例もあったという。

ペレ氏は、ブラジル代表のエースとして、1958年、1962年、1970年と3度のワールドカップで優勝。「史上最高のサッカー選手」の一人として称賛されることも多く、2000年にFIFA(国際サッカー連盟)のプレーヤー・オブ・ザセンチュリーアワード(20世紀で最も優れたサッカー選手を選ぶ賞)をマラドーナ氏と共同で受賞している。

Ethernityが以前に発表したNFTプロジェクトとしては、元プロボクサーのモハメド・アリ氏や人気のグラフィックアーティストBossLogic氏、著名スケートボード選手Tony Hawk氏に関わるものがある。

Tony Hawk氏のNFTのように、スポーツ選手のNFTは見どころのある瞬間の動きを捉えたものも多い。

サッカー界のNFT参入増加

プロスポーツの世界でも、NFT市場への参加事例は増えている。NFTプラットフォームSorareは最近、強豪サッカーチーム「レアル・マドリード」と提携を発表した。その他Sorareでは日本も含め、世界で100以上のサッカーチームの選手をNFT化。FCバルセロナの現役スーパースター、ジェラール・ピケ選手は、このSorareプラットフォームの戦略アドバイザーに決定している。

その他スポーツ業界の最近の動きとしては、アメリカンフットボールの著名選手Tom Brady氏が、起業家Dillon Rosenblatt氏と共に、NFTプラットフォームを立ち上げることを発表した。

この「Autograph」と呼ばれるプラットフォームは、スポーツ、エンターテインメント、ファッション、ポップカルチャーなど様々な分野で、独自のデジタルグッズを開発する見込みだという。

タイトルとURLをコピーしました