仮想通貨全般/経済

シンガポール、仮想通貨規制の理由は見当たらない

シンガポール通貨庁の責任者は、シンガポールにはビットコインなどの仮想通貨を規制する計画はないことが分かりました。 しかし、ICOに適用する法律の制定は引き続き待たれています。

シンガポール通貨庁(MAS、中央銀行)のマネージングディレクター、ラビ・メノン氏は、火曜日のインタビューでこのように述べました。

シンガポールはビットコインなどの仮想通貨を規制する理由は見当たらない。 むしろ、(中央銀行は)仮想通貨に絡んだ活動を注視し、そうした行動が提起するリスクはどのようなものかを考慮し、どのリスクに対して規制対応が必要であるかを見極めそこから進展するつもりである。

20171026-1

(写真左:MASのマネージングディレクター、ラビ・メノン氏)

メノン氏は「仮想通貨そのものを規制している国や地域はほとんどない。仮想通貨それ自体では規制を必要とするリスクをもたらさないというアプローチを採用しているのが大半だ」と話しました。

シンガポールで新規仮想通貨公開(ICO)を実施した1社にテンXがある。シンガポールを本社とする新興企業である同社は6月のICOで8000万ドル(約91億円)を集めています。

出典:https://news.bitcoin.com/central-bank-of-singapore-no-reason-regulate-cryptocurrencies/
Central Bank of Singapore Sees No Reason to Regulate Cryptocurrencies

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    【朗報】バンドルカードのビットコインチャージ機能が復活

    一時サービスが停止されていた「バンドルカード」のビットコイン(BTC)…

  2. 仮想通貨全般/経済

    ビットコインウォレットで知られるBlockchain社「1日5万ユーザーの新規登録がある」

    仮想通貨ウォレットで有名な「Blockchain」は仮想通貨市場の低迷…

  3. 仮想通貨全般/経済

    仮想通貨交換業16社が新組織発足。信頼回復目指す

    ライセンスを受けた日本の仮想通貨交換業者らが、市場の信頼を回復すべく結…

  4. 仮想通貨全般/経済

    「LINE」が仮想通貨取引所を7月にもスタート

    全世界で約二億人のユーザーを抱え、日本で最もポピュラーなチャットアプリ…

  5. 仮想通貨全般/経済

    中国のICO停止措置は一時的なもの 今後はライセンス導入も

    国営テレビ局CCTV-13でのインタビューの中で、中国政府が支援してい…

過去記事

新着記事

bitbank(ビットバンク)なら仮想通貨を貸して増やせる!1年間最大年率5%!
アフィリエイトのアクセストレード
  1. ブロックチェーン

    「ぐるなび」2020年までにビットコイン決済増やす
  2. ビットコイン(BTC)

    JPモルガンの発表に驚き「ビットコインの先物を検討」
  3. ビットコイン(BTC)

    米ニューハンプシャー州、ビットコインでの納税を検討
  4. アルトコイン

    イーサリアムクラシックの価格に上昇の動き
  5. ビットコイン(BTC)

    2014年と比べると2018年のビットコイン下落は短いものとなるだろう
PAGE TOP