ドイツ取引所、ポルカドットやソラナなどの上場投資証券の取扱いを発表

未分類
この記事は約1分で読めます。

ドイツ取引所は、ヴァンエックによる新しい仮想通貨の上場投資証券(ETN)を上場させた。

ドイツ取引所は21日、ポルカドット(DOT)、ソラナ(SOL)、トロン(TRX)の3つの新しいETNが、デジタル証券取引所であるXetraとフランクフルト証券取引所で取引可能になったと発表した

これまでドイツ取引所は、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)などの仮想通貨投資商品を提供しており、今回の発表で仮想通貨ETN商品を拡張することになる。

「Xetraで取引可能なすべての仮想通貨ETNは物理的に担保されており、フランクフルト証券取引所の規制市場で上場される」と説明している。

ドイツ取引所によると、投資家は仮想通貨ウォレットを設定することなく、株式や上場投資信託(ETF)と同じように仮想通貨ETNを購入できる。「機関投資家はまた、取引の決済にけるリスクが大幅に減少するという恩恵も受けれる」と付け加えている。

タイトルとURLをコピーしました