仮想通貨全般/経済

ノアコインについてフィリピン大使館から注意喚起

あたかもフィリピンの国家プロジェクトであるように思わせる、フィリピン発の次世代の仮想通貨としてセールスされている”ノアコイン”がある。

ノアコインには販売代理店、セールスサイトが数多く存在。中にはノアコインを大々的にセールスしている本人が登場し、見るだけで儲かるというような話しを収録した動画も掲載されている。

20170329-01

ノアコインセールスサイト

しかし、3月14日にフィリピン大使館から、このノアコインについて注意喚起がなされた。

フィリピン中央銀行によりますと、中央銀行は、ノア・ファウンデーション及びノア・グローバルイノヴェーションサービス(ノア・グローバル)に対して、ノア・コインの事前販売に携わる権限を与えておらず、また、ノア・コインを国家プロジェクトとして承認しておりません。中央銀行により行なわれた初動調査では、ノア・コインの事前販売活動は、会社定款に記載されたノア・グローバルの主要・副次目的からかけ離れたものです。

フィリピン大使館の注意喚起全文はこちら

つまりは、国家プロジェクトではなかったことになる。フィリピン側は一切関係が無いことを、このように大使館がわざわざ声明文をウェブサイトに掲載することは、異例のことだ。

どの暗号通貨も、必ず儲かると言う保証はない。それは暗号通貨だけでなく、どのような投資も同じである。リターンにはリスクが付き物なのである。

しかし、詐欺には十分注意が必要である。

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    「全ての地獄から開放されるだろう」ABRAのCEO、ビットコイン価格が今年再び高騰を予想

    主要な金融アナリストらの中にはビットコインの現在の下落トレンドについて…

  2. 仮想通貨全般/経済

    露プーチン大統領「ブロックチェーン、遅れを取るわけには行かない。」

    ロシアのプーチン大統領は、ブロックチェーン技術を必要としており、ロシア…

  3. 仮想通貨全般/経済

    強気派のマイケル・ノヴォグラッツ、ビットコイン価格予想を再び修正

    仮想通貨市場で強気派として知られるマイケル・ノヴォグラッツ氏は今週、楽…

  4. 仮想通貨全般/経済

    韓国の若年層が最も仮想通貨への投資が活発

    今週発表されたアンケート調査によると20代の韓国人の多くが仮想通貨に投…

  5. ビットコイン(BTC)

    中国債券バブルの崩壊と人民元の成長鈍化―差し迫るビットコイン価格の高騰

    12月15日、中国の債権先物市場が記録的な暴落に見舞われ、102から9…

過去記事

新着記事

bitbank(ビットバンク)なら仮想通貨を貸して増やせる!1年間最大年率5%!
アフィリエイトのアクセストレード
  1. ビットコイン(BTC)

    仮想通貨は今が買い時なのか!?
  2. 仮想通貨全般/経済

    コインベースの評価額は16億ドルから80億ドルへ
  3. アルトコイン

    イーサリアム レート動向
  4. ビットコイン(BTC)

    CMEは12月11日にビットコイン先物取引開始か
  5. フィンテック

    みずほ、スマホ決済で新サービス検討 IT2社と
PAGE TOP