バイナンス、トルコで仮想通貨取引所をローンチ ビットコインなど6銘柄を上場

アルトコイン
この記事は約2分で読めます。

トルコ市場に本格参入

大手仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは9日、本格的にトルコ市場に参入することを発表した。

トルコ版の取引所「Binance TR」をローンチし、法定通貨であるトルコリラ(TRY)建ての取引を提供する。通貨危機再燃の懸念もあるトルコで、バイナンスが持つ最先端の技術やセキュリティ、流動性を提供して事業を拡大を図る。

TRY建てで取引できる仮想通貨は以下の6銘柄。テザー(USDT)以外の5銘柄については、USDT建ての取引も行える。これ以外の仮想通貨も今後追加していくとしている。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • テザー(USDT)
  • バイナンスコイン(BNB)
  • バイナンスUSD(BUSD)

バイナンスは以前からTRY建てで板取引を提供するなど、トルコ市場には注目してきた。以前バイナンスCEOのCZはブルームバーグの取材で、「トルコは仮想通貨取引が活発に行われている国であり、非常に重要な市場の1つ」と答えている。

9日の発表でCZはトルコについて、ブロックチェーンの先進国というだけでなく、世界経済においてアジアと欧州をつなぐ重要な市場であると捉え、「これからトルコのコミュニティと共にBinance TRを発展させていきたい」と意欲を示した。

Binance TRの設立には、ローカル市場向けの取引所運営をサポートするプラットフォーム「バイナンス・クラウド」を活用する。運営はフィンテック企業「BN Teknoloji A.Ş」が行う。またユーザーの資産は、バイナンスで非常時のために積み立てられているSAFU基金で保護される。

BNBの上場廃止

バイナンスは9日、ウガンダの取引所「Binance Uganda」でBNBの取り扱いを廃止すると発表した。対象となるのは法定通貨「ウガンダ・シリング(UGX)」とBNBのペアのみだ。

バイナンスは同社の基準を満たすために、定期的に各仮想通貨の取引量や流動性をレビューしている。基準を満たしていないと判断された場合は上場を廃止することにしており、最近のレビューでBNBが対象に上がったという。17日以降は取引が一切出来なくなる。

最近では今月にバイナンスの本家取引所で、Insolar(INS)の上場を廃止することを発表。所有者や流通量が少ないことが理由だと説明している。

タイトルとURLをコピーしました