バイナンスCZ氏、ブルームバーグ子会社を名誉棄損で訴え

暗号通貨全般
この記事は約3分で読めます。

CZ氏、名誉棄損で訴訟起こす

大手暗号資産(仮想通貨)取引所のCEO CZ氏は25日、ブルームバーグの子会社Modern Media Companyを相手に名誉毀損で訴訟を起こした。

Modern Media Companyは、中国語版出版社である。CZ氏は、同社が掲載した中国版のブルームバーグビジネスウィークについて、250号の表紙や関連ソーシャルメディアでの投稿が、「虚偽で根拠がなく」「報道により苦痛を受け、恥をかいた」とし訴えている。

英語版では、同記事のタイトルは「Can Crypto’s Richest Man Stand the Cold?(暗号業界の大富豪は仮想通貨の冬を耐えることができるか)」というものだった。しかし香港では、Modern Mediaがタイトルを「Changpeng Zhaoのポンジスキーム)」に変更していた。

「ポンジスキーム」とはネズミ講の一種とみなされる詐欺的手法だ。CZ氏側の代理人は、これはCZ氏に対する「憎悪、軽蔑、嘲笑」を駆り立てるために、Modern Mediaが採用した見出しだと主張している。

CZ氏側は、Modern Mediaは影響力のある現地メディアであるが、このタイトルは名誉棄損であり、一般社会、特に仮想通貨と実業界におけるCZ氏のイメージを傷つけたとも指摘。名誉毀損の撤回と正式な謝罪、賠償を要求した。

Modern Mediaは、CZ氏側の抗議を受けて「ポンジスキーム」という言葉の入ったタイトルを「謎めいたChangpeng Zhao」に変更し、印刷物の形のメディアは取り下げた。しかし、様々なオンラインサイトでは依然としてタイトル変更前のバージョンが流通していたため、CZ氏は裁判に踏み切った形だ。

記事内容についても申し立て

CZ氏側は、タイトルの件以外にも、元記事の内容について米ニューヨーク南地区連邦地方裁判所で、「中傷的な主張」についての証拠開示請求の申し立てを行なった。

申し立てによると、問題とされる内容としてはまず、当記事がバイナンスについて「マネーロンダリング、詐欺、ハッキング」に関与していると示唆するような書き方をしている点がある。

さらに、バイナンスは「巨大なシットコイン(時価総額の低いコイン)カジノ」であるという匿名のトレーダーの声を掲載している点、バイナンスが「取引所、証券会社、ベンチャーキャピタルなどに加えてシットコインカジノを運営している」と述べる点も「根拠がない」と問題視した。

CZ氏は、本件について次のような趣旨で発言している。

直前になって記事の方向性を変え、第三者から得たポジティブなコメントはすべて無視。古い否定的なコメントだけをピックアップする。それにも関わらず、まだ(CZ氏の写真を)表紙として使う。こうした態度はプロフェッショナルとは言えない。

フォーブスに対する訴訟

バイナンスは2020年にも、フォーブスの報道について名誉棄損として訴訟を起こしたが、この際には3か月後、自主的に訴えを取り下げている。

フォーブスの報道内容は、バイナンスが意図的に米国の規制を回避しようと計画しているとするものだった。その後2022年2月、バイナンスはフォーブスがSPAC上場する際の資金として2億ドルを出資することを発表。ただこの件は、フォーブスが上場計画を撤廃したことで実施されないこととなった。なお、フォーブスが計画を撤廃した理由は、SPACについて監視が強化されていることが理由ではないかと推測されている。

タイトルとURLをコピーしました