バハマ中央銀行、CBDCのサンドダラーの全国的な展開に向けて準備中

アルトコイン
この記事は約1分で読めます。

バハマ中央銀行は、今年の夏により多くのバハマ市民がサンドダラーに登録してもらうための準備している。

またバハマ中央銀行のジョン・ロール総裁によれば、バハマの中央銀行デジタル通貨(CBDC)に向けた別の動きとして、モバイルサンドダラーウォレットと商業銀行システムの接続にも焦点を合わせているという。

ナッソー・ガーディアンによる5日の報道によると、ロール総裁はバハマ政府がサンドダラーのエコシステムを整備するためにいくつかの措置を開始したと語った。

「現在、これらの様々なプラットフォームに個人を登録することに重点が置かれている。そのため、私たちは文字通り、全国的な採用を推進する最初の段階にあり、夏の数か月にわたって勢いを増すだろう」と、ロール氏は述べている。

決済プロバイダーを含む多くの金融機関が既にモバイルウォレットをサンドダラーのプラットフォームと統合しているという。「決済プロバイダーの間で、互いに通信し、プラットフォーム全体に資金を送ることができるようになった」とも、ロール氏は述べている。

タイトルとURLをコピーしました