ビットコイン、年末までに史上最高値を更新する可能性がわずかに上昇

ビットコイン(BTC)
この記事は約2分で読めます。

ビットコインが年末までに史上最高値を更新する可能性が、主要な抵抗線を超えたことで上昇した。

ビットコインは7月26日、一時1万3000ドルに達し、2017年12月と2019年6月の高値を結んだ弱気の抵抗線を突破。オプション市場では、暗号資産デリバティブ分析会社スキュー(Skew)のデータによると、ビットコインが年内に2017年の史上最高値2万ドルまで上昇する確率は7%となった。

Bitcoin weekly chart
出典:CoinDesk

この数字は、1週間前にはビットコインの将来の価格変動(ボラティリティ)に対する市場の期待値を示す短期インプライドボラティリティが記録的な低水準に落ち込むなか、4%にまで低下していた。

出典 : Skew


しかし、確率は10%を下回ったままであり、これは多くのトレーダーは今年中に2万ドルを超えることはないと考えていることを示している

市場参加者が「短期的なボラティリティの上昇が年末まで続くと確信していない」とQCPキャピタルのトレーダー、ショーン・フーン(Shaun Phoon)氏は言う。

1カ月インプライドボラティリティ(ビットコインが今後30日でどのくらいのボラティリティを示すかに対する市場の期待値)は、26日の価格上昇とともに48%から64%に上昇した。

一方、長期的なボラティリティの期待値は依然として落ち込んでいる。6カ月インプライドボラティリティは、この3日間で65%から68%へとわずかに上昇したが、依然として全期間平均の76%を下回っている。

インプライドボラティリティはオプションの確率にプラスの影響を与える。つまり、インプライドボラティリティが上昇すると、ビットコインが上昇する可能性は高くなる。

タイトルとURLをコピーしました