ビットコイン(BTC)

ビットコインが一夜で12%下落するも早期回復

5月12日金曜日、ビットコインの価格は24時間で約1,815ドルから1,600ドルに下がり、一晩で12%近く下落した。しかし価格は比較的早く回復し、現在は1,780ドル付近を推移している。

この日までビットコインの価格は7日間連続で上昇し、勢いを増しながら、ほぼ毎日高値更新をした。 5月5日から5月12日までの間、ビットコインの価格は1,500ドルから1,850ドルに上昇、週ベースで考えると350ドル上昇のペースだった。

しかし、5月12日の夕方、ビットコインの価格は急落し、12%下落した。

一部の市場では、ビットコインの価格が1,500ドルまで急落したために、短期的に価格上昇した理由の究明と、トレンドの継続がこのまま続くのかどうか投資家の懸念が生じた。

反発

今のところ、ビットコインは反発を示し、既に急速に回復し始めており、数時間で1,700ドル台へ再突入した。
20170515-01

現在、ビットコインの価格は大きな勢いを見せており、主要な取引所では1,780ドルで堅調に推移しています。 過去数週間を通してそうだったように、グローバルマーケットシェア49%を誇る日本のビットコイン取引市場が価格上昇の流れを牽引し、約207,000円で取引されている。

新たな勢い

ビットコイン価格は、5月1日から5月12日にかけての12日間の方が、1月から4月までの4ヶ月間全体の値動きより大きくその価格を上昇させている。そのため、最近の急な予期していなかった急速な価格高騰を考慮して、投資家やトレーダーたちは調整局面入りを望んでいる。

ビットコインの価格は、調整局面入りの後、再び勢い付く可能性が高い。世界のビットコイン市場を牽引する日本のビットコイン取引所ビットフライヤーが、手数料に関する意向を明示したと記事で取り上げた。

同時期、世界最大のビットコイン取引所、biFlyerの加納裕三CEOは次のように述べている―

ビットコイン取引における取引手数料と、ビットコインFXにおけるスワップポイントを頂戴します。
つまり、1月より前の中国とは状況が異なります。ビットコインだけではなく、その他全ての暗号通貨市場へ資金が流入していくことを期待しています

ビットコイン価格がさらに高騰し、新たな安定期に入り、日本のビットコイン取引市場を含む主要市場で爆発的な成長が見込めれば、ビットコイン価格は新たな価格上昇を生む可能性が高いだろう。

 
 

出典:https://cointelegraph.com/news/bitcoin-price-drops-12-percent-overnight-quickly-recovers-why-it-happened
Bitcoin Price Drops 12 Percent Overnight, Quickly Recovers: Why It Happened

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    CBOEでビットコイン先物取引が開始、急騰で一時取引停止も

    ついに、シカゴのオプション取引所CBOEは本日(現地時間12月11日日…

  2. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン、金の価値を超える

    人類史上初めて、一通貨が地球上で最も古い価値を持つお金、「ゴールド」の…

  3. ビットコイン(BTC)

    楽天がまもなく仮想通貨払いを受け入れるかもしれない!?

    日本版「Amazon」とも揶揄される巨大Eコマースの楽天は、近い将来に…

  4. ビットコイン(BTC)

    韓国第2位の新韓銀行が仮想通貨取引所に対応、投資家は一安心

    BithumbとKorbitは、韓国市場で最大の仮想通貨交換所のうちの…

  5. ビットコイン(BTC)

    インド – 通貨危機の中、ビットコインを900ドルで買う人も

    インドでの高額紙幣廃止を受けて、民衆は大混乱の中、インドではビットコイ…

  6. ビットコイン(BTC)

    またもやビットコインが2016年のベストパフォーマンス通貨に輝く

    この記事を書いている間にも、ビットコインは高値を更新し、ついに800ド…

過去記事

新着記事

アクセストレード パートナーサイト募集
QUOINEX
  1. ブロックチェーン

    ビットコインの技術を活用した個人間売買、オートバックスが検証
  2. ブロックチェーン

    三菱UFJ リップルの技術を使って18年に即時決済めざす
  3. ビットコイン(BTC)

    「2018年仮想通貨の時価総額は200兆円になるだろう」- マイケル・ノヴォグラ…
  4. ビットコイン(BTC)

    ブロックストリーム社、中国メーカーInnosiliconから大量のマイニング機材…
  5. 仮想通貨全般/経済

    シンガポール、仮想通貨規制の理由は見当たらない
PAGE TOP