ビットコインの平均取引額が過去4ヶ月で500%の増加、仮想通貨市場で機関投資家の存在感が高まる?

スクエア
この記事は約2分で読めます。

ビットコイン(BTC)の平均取引額は、今年7月以降、劇的に増加している。

平均取引額は、4ヶ月に前にトランザクションあたり約2万5000ドルだったが、10月20日には15万1000ドルと年間最高値を記録した。これは4ヶ月前から500%以上増加したことになる。

BTCトランザクションの平均値. 出典: BitInfoCharts

仮想通貨分析プラットフォームBitInfoChartのデータが示すように、過去48時間で平均取引額が10万5000ドルから約5万ドル分増加している。この金額の急増は、ビットコイン取引のドミナンスが2017年以来のレベルにまで上昇した直後に発生している。

15万1000ドルという平均取引額は、イーサリアムの平均取引額である793ドルの190倍にものぼる。これはビットコインのマーケットにおける法人や機関投資家の存在感が大幅に高まっていることを示しているといえるだろう。

しかし、8月の分散型金融(DeFi)ブームの中でイーサリアムのデイリーの取引数は30%増加し、8月10日には過去2年間で最高の129万に達した。同じ期間、ビットコインの取引数は一貫して30万から35万の間で推移していた。これはイーサリアムのエコシステムが新しい仮想通貨ユーザーを引き付ける主要な磁石だったことを示唆している。

ビットコインのアクティブアドレスの数には大きな変化は見られず、過去4ヶ月間で65万から97万の間で変動している。

BTCトランザクションの数. 出典: BitInfoCharts

これらの数字は、グレースケールやマイクロストラテジーといった企業が過去数か月にわたって大量のビットコインを蓄積してきたため、機関投資家が注目し始めていることを示唆している。

9月末までにグレースケールは少なくとも44万9900BTC、つまりビットコインの供給量の2.4%を管理し、マイクロストラテジーは3万8250BTCを保有している。

さらに10月に入ると、ジャック・ドーシーCEOのスクエアがビットコインで約5000万ドル分を購入したことも発表している。

タイトルとURLをコピーしました