ビットコインは一時1000ドル以上の下落も?|「先行指標」のLTCで不穏な動き

仮想通貨ニュース
この記事は約2分で読めます。

25日に6900ドルのレジスタンスに跳ね返されたビットコインは、足元では6700ドルを推移している。

coin360

(出典:Coin360 3月26日午前10時30分)

ビットコインに上昇の動きは見られるものの、一旦は下落すると指摘するアナリストが出ている

コインテレグラフにも寄稿するマイケル・ファン・デ・ポッペ氏は6900ドルでのレジスタンスを突破できなかったことで、5400〜4800ドルまで下落する可能性を指摘した。

テクニカル的にこれまでも下落を指摘しているデ・ポッペ氏。こうした予想を裏付けるために注目なのが、ライトコインの動向だ。LTCは仮想通貨市場の「先行指標」ともされている。実際に2018年2月のライトコイン上昇時には4月頃に遅れてビットコインが上昇。2019年にはライトコインはビットコインよりも早く下落したことがある

仮想通貨トレーダーのベンジャミン・ブラント氏は25日、ライトコンの価格に下落の兆候があることを指摘した。

ライトコインはこれまでの仮想通貨市場と同様に上昇してきているが、現在はエリオット波動のABC波を形成していることや、フィボナッチリトレースメントの61.8%で安い高値(Lower High)を推移していることから、4月にかけて22〜24ドルまで下落すると予想した。

こうした予想が当たれば、半減期を迎える5月になっても価格が上昇するのは遅れるかもしれない。

既報の通り、8300ドル付近で50日移動平均線が200日移動平均線を下回るデスクロスが出現しており、この水準の突破も不安視され、半減期が8300ドルのレジスタンスを破るきっかけになるとの指摘も出ている。

足元ではライトコインは2%以上減少しているが、ビットコインは過去24時間で値をほとんど変えていない。

タイトルとURLをコピーしました