ビットコイン一服もネムやバイナンスコイン高騰、BNBは約3週間で4倍に

アルトコイン
この記事は約3分で読めます。

仮想通貨市場の最新動向

19日の暗号資産(仮想通貨)市場。ビットコイン(BTC)価格は、前日比-2%の541万円(51,240ドル)とやや反落。

デリバティブ市場やアルト相場の過熱感からも上値が重くなっているか。

一方、直近高値を更新して20万円の大台に達したイーサリアムの買いも強い

米大手資産運用企業グレースケールは2月初旬以来、イーサリアムの保有残高を大幅に増やし、過去24時間で2万ETH(約40億円)を追加した。8日にローンチした、CME先物の影響もあるものとみられる。

CMEとは、Chicago Mercantile Exchangeの略称で、米国にある「シカゴ・マーカンタイル取引所」のこと。金融先物取引所で、農産物・通貨・金利・株価指数等、広い範囲の先物取引・先物オプション取引を行なっており、ビットコイン先物も取り扱っている。

優位性からみる通貨強弱

BTCの優位性を示す市場のドミナンスは、5万ドル上昇時に上昇するも、再び下降して61.5%前後を推移。19年5月以降の直近下値は20年9月の57%台となる。

ドミナンス推移

50%を割り込んだ場合、3年ぶりのアルトシーズンの本格化を示していると言える。

ネムとバイナンスコインが高騰

国内上場銘柄では、ネム(XEM)が高騰。前日比8.2%高の45.6円まで上昇した。

ネムは昨年末に30円台まで高騰して以来、次世代チェーンである「Symbol」ローンチの度重なる延期の影響で半値付近まで売り込まれるなど、しばらく低迷していたが、ローンチに向け負荷テストが最終段階まで進捗したことが好感された。

新チェーンSymbolのローンチ日、及びスナップショット(権利確定日時)の発表が近いと考えられることが思惑にある。

ネムは、コア開発者を含むコアチームとの合意により、予定していた21年1月14日から、Symbolローンチが再延期されることを発表していた。

時価総額上位では、最大手取引所のユーティリティトークンであるバイナンスコイン(BNB)の高騰が目立つ。 2月2日に50ドルのレジスタンスラインをブレイクすると、10日に100ドルの大台へ。そこから19日にかけて220ドルまで続伸。わずか3週間足らずで4倍に急騰し、時価総額TOP3に躍り出た。

BNB/USD日足

背景には、Binance Launchpadのトークンセールのほか、DeFi(分散型金融)のステーキング需要、バイナンス・スマートチェーン(BSC)上で稼働する分散型取引所(DEX)、及びパンケーキスワップ(CAKE)活況など複数要因がある。

流動性プールへの仮想通貨預け入れで対価を得る「ステーキング」機能、及び流動性マイニングでBNB需要が急増しており、CAKE価格も急騰している。Coingeckoのデータによれば、PancakeSwap(CAKE)価格は、前週比+140%、前月比+1,880%と暴騰。時価総額50位台まで急浮上した。

CAKEはUniswapに次ぐ2番手の分散型取引所(DEX)にまで成長しており、これに伴い、Binance Smart Chain(BSC)は、記録的な量のトランザクションが確認されている。

BNBの総発行枚数は2億枚。半数にあたる1億枚は、四半期ごとに出来高に応じてバーン(焼却)が実施され、徐々に償却される仕組みを取る。

仮想通貨取引所バイナンスなど利用する際の取引手数料が割引されるなど、ユースケースにおけるメリットが挙げられるほか、日本国内の数十倍となる豊富なアルトコインを取り揃えており、顧客基盤拡大も高い評価を受ける。

タイトルとURLをコピーしました