ビットコイン下落 BTC先物レバレッジ取引市場では強制決済が急増 6000億円規模

ビットコイン(BTC)
この記事は約2分で読めます。

日本時間で2月23日ビットコイン価格が約20%急落したことを背景に、BTCのレバレッジ取引・先物市場では6000億円規模の大量の強制決済が観測されているようだ。

レバレッジをかけた先物ポジションが一定の「しきい値」まで下落すると強制決済が発生する。例えば10倍のレバレッジをかけている買いポジションは、BTCの価格が5%下落するだけで清算されてしまう

情報サイトBybt.comによると、ビットコイン先物市場における強制決済金額は22日に急増している。

強制決済が起きている海外仮想通貨取引所はバイナンス、フォビ、ビットメックス、FTX等だ。

ビットコイン相場における先物の強制決済量の推移 情報元: Bybt

ビットコインが2月22日に調整を始めた時、先物買いに必要な「資金調達率」は下落を続けながらも0.15%前後で推移していた。下落相場でもビットコインに強気な投資家が買いを継続したことと、そういった買いポジションが継続的に強制決済されるという残酷なサイクルに火をつけた模様だ。

Bitcoin price chart with orderbook suite. Source: Byzantine General

一方で今回の急落を強気相場における健全な調整だとする見方もある。海外で「ビザンチン将軍」として知られる偽名トレーダーは、今回のビットコイン価格調整が「ブラックスワン」と呼ばれる特大ニュースによって引き起こされたのではなく、複数の大口投資家による協調的な動きと分析。同トレーダーは比較的大規模な買い注文の存在をピンポイントで指摘。大口の買い手が押し目を買うために価格が下落するのを待っていると解説した。

チャート的に見ると、ここからの弱気転換を防ぐためにはビットコインは45000ドルを割らないことが重要となる。ここを割るとより深い調整の可能性が高まるだろう。

タイトルとURLをコピーしました