ビットコイン価格は43000ドル付近に急騰、アルトコインに「本当の痛み」が訪れるとトレーダーが警告

アルトコイン/他
この記事は約3分で読めます。

ビットコイン(BTC)は11日の米国市場開場に向けてわずかに下落したが、43000ドル近くまで上昇した。米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長のコメントが市場に勢いを与えているようだ。

BTC/USD 1-hour candle chart (Bitstamp). Source: TradingView

ビットコインはサポートで攻勢

パウエル議長によると、米国はしばらく低金利環境が続く可能性が高い。この発言は株式や仮想通貨などのリスクオン資産を押し上げたようだ。

コインテレグラフ・マーケッツ・プロとトレーディングビューのデータでは、BTC/USDは現在4日間過ごしている狭いレンジの中央に戻っていることが示された。

一方でコインテレグラフに寄稿するマイケル・ファン・デ・ポッペ氏は「非常にシンプルに、ビットコインはまだ42800ドルのレベルを破ることができなかった狭い範囲に留まっている」と動きが少ないことを強調した。

「全体として、我々は今サポートに直面しており、市場のブレークダウンを避けるために保持しなければならない」

現在4万3100ドルへの押し上げがあっても、強気なオンチェーン指標が持続し、建玉が上方の「ショートスクイーズ」への期待に火をつけても、トレーダー間の雰囲気は慎重なままだ。

投資家センチメントを示す「仮想通貨の恐怖&強欲指数」は、わずか10/100の数カ月ぶりの安値から、夜間の価格反発による上昇を見た後も「極端な恐怖」の領域にとどまっている

Crypto Fear & Greed Index. Source: Alternative.me

1月10日のデリバティブのオーダーブックの動きについて、Decentraderの共同設立者であるfilbfilb氏も、警戒を解くには時期尚早であると述べた。

アルトコインの本当の痛みは「まだ来ていない」

同じくトレーダー仲間のPentoshi氏は、アルトコインは下落トレンドを再開する前に上昇し、ブルトラップを形成する可能性があると主張した。

Pentoshi氏は、filbfilb氏などと同様、ビットコインに対して冷静な視点を持ち続け、マクロ環境のおかげで2022年まで続く弱気な見方を採用している。

「これらのアルトの多くは、厄介な足が下がる前に、人々を吸い込むために少しバウンスしているように見える。多くの銘柄は、パラボリックな上昇を形成した後、すでに跳ね返されたエリアを再テストしているが、サポートが構築されていない巨大なエリアが下にある」と11日に発言した。。

"本当の痛みはまだ来ていない"。

Pentoshi氏は、ソラナ(SOL)を取り上げ、50ドルから80ドルの間の大幅に下がった水準でのみ購入することに興味があると述べた。

タイトルとURLをコピーしました