ビットコイン巨額投資のMicroStrategy社「長い時間軸であるほど投資先として適している」

ビットコイン(BTC)
この記事は約3分で読めます。

「ビットコインは理想の長期投資手段」

4.25億ドル(444億円相当)ものビットコイン(BTC)を購入して話題となったMicroStrategyのCEOが、BTCは理想的な長期投資手段だと発言、ゴールドよりビットコインを選択した理由を語った。 また同社の巨額BTC投資により、ノルウェー政府年金基金も間接的にBTCを保有することとなった

Michael Saylorは次のようにツイート。

会社の資産を法定通貨、債券、株式、スワップ、インデックスファンド、オプション、不動産、コモディティ、貴金属、アート、無形資産に投資することを検討したが、最終的にビットコインを選択した。

ビットコインは理想的な長期資産と考えられる。

取引するよりも、手元にホールドすることが推奨されると示唆した格好だ。

また、別のツイートでは「投資期間が1年なのであれば、どんな資産も機能するが、もし投資期間が1世紀(100年)ならば、ビットコインの方が適しているだろう」との見解を示した。

ゴールドではなくビットコインを選択する理由

Michael SaylorがBTCの長期的価値について信念を持つ背景としては、BTCに発行上限が定められていることが大きいようだ。

投資調査企業Stansberry Researchのインタビューで、Saylorは「なぜゴールドではなくビットコインを選ぶのか」と聞かれ、ゴールドは毎年新たに採掘されており、その価格が上昇すると共に、採掘にも資金が投入されることで結果的に供給量が増える可能性に言及。

一方でBTCの供給量は、ソフトウェアコード上ですでに、2100万の上限が定められており、マイニング事業に投資してもこの最終的な供給量が変わることはないとして、BTCの希少性に期待する姿勢を見せた。

ノルウェー政府年金基金も間接的にBTC保有へ

MicroStrategyのBTC巨額投資は、間接的な影響についても注目される。

同社の筆頭株主は、運用資産規模世界最大のBlackRockであり、運用資産額世界第2位のVanguard Group、政府系ファンドで世界最大のノルウェー政府年金基金も、MicroStrategyの株主であることから、これらの機関も間接的にBTC投資を行っていることになる。

ノルウェー政府年金基金はMicroStrategyの発行する株式のうち2%を保有しており、このことは、ノルウェー国民が間接的に一人当たり、1.72ドル(181円)のビットコインを所有している計算になるとされる。

仮想通貨調査企業Arcaneのノルウェー人ソフトウェア開発者Torkel Rogstadは、政府は興味深い前例を作ったかもしれないと語る。

政府は利益最大化を目指しており、企業への投資を通じてビットコインのエクスポージャーを獲得した。今後も、ビットコインを購入する企業が増えることで、政府のビットコインへのエクスポージャーが増えるのではないか。

Torkel Rogstadの作成した、ノルウェーが保有するビットコイン量の計算機によれば、同国政府は米国ソフトウェア企業Squareの株式0.83%も保有しており、2社合わせて、ノルウェー政府年金基金は現在、間接的に811.73BTCを持つことになるという。

Squareは、ツイッター創設者で暗号資産(仮想通貨)支持者のJack Dorseyが経営している企業で、今月8日、5000万ドル(53億円)相当のBTC購入を発表している。

タイトルとURLをコピーしました