ビットコイン急落で大量ロスカット、中国企業のデフォルト懸念めぐり

ビットコイン(BTC)
この記事は約3分で読めます。

仮想通貨相場の動向

日本時間4時過ぎ、中国の不動産開発大手、「中国恒大集団がデフォルト(債務不履行)した」とのFUD(fear, uncertainty, doubt)を巡り情報が拡散され、ビットコイン(BTC)が急落する場面があった。

しかし、ブルームバーグなど複数紙が報じたところによれば、10日に支払い猶予期限を迎えたドル建て社債の利払いは辛うじて実施された模様だ。

いずれにせよ、3000億ドル(約35兆円)超もの巨額負債を抱える中国恒大集団が、デフォルト危機を回避するのは難しい情勢にあり、いつ経営破綻してもおかしくはないものとみられる。

問題は、債権市場及び融資する銀行、中国内の他の不動産開発会社にどこまで深刻な影響を及ぼすかという点だろう。信用リスク拡大のほか、株式市場や暗号資産(仮想通貨)へ悪影響が波及するおそれも懸念される。

銀行への影響について、三井住友DSアセットマネジメントの分析によれば、「米格付け会社S&Pグローバル・レーティングスによると、中国の銀行総融資額のうち、恒大向けは0.3%強にとどまる。仮に恒大がデフォルトに陥っても、中国の金融システム全体が動揺する恐れは小さいと思われる。」との見方を示す一方、信用リスクの広がりについて警鐘を鳴らした。

タイトルとURLをコピーしました