ビットコイン最高値更新でシルバーの時価総額に急接近、個別銘柄はBATが高騰

ビットコイン(BTC)
この記事は約2分で読めます。

仮想通貨相場の動向

9日の暗号資産(仮想通貨)市場。 ビットコイン価格は、前日比+5.2%の761万円(67,500ドル)と大幅続伸。19日ぶりに過去最高値を更新した。

BTC/USD日足

仮想通貨市場の時価総額2位に位置するイーサリアム(ETH)も過去最高値を更新し、一時4800ドルを超えた。米SEC(証券取引委員会)によるビットコイン先物ETF(上場投資信託)の歴史的な承認をはじめ、米国を中心に相次ぐ大手企業の参入、商業・金融の世界的中心地の1つである米ニューヨーク次期市長による後押しなど、追い風が吹いている。

仮想通貨市場の全体時価総額が、CoinGecko基準で初の3兆ドル水準に達した。(Coinmarketcap基準=$2.92T)その内、ビットコインの時価総額1.27兆ドルは43.6%を占める。

出典:CoinGecko

株式市場と単純比較はできないが、Asset Dashのデータを目安にした場合、ビットコイン(BTC)の時価総額1.27兆ドル(143兆円)は、フェイスブック(Meta)やテスラを上回る世界6位。BTC価格が今の2倍以上(約1500万円)水準まで上昇した場合、株式会社の時価総額1〜2位のマイクロソフトやアップルを上回る可能性がある。

Asset Dash

一方、他資産クラスを含めたcompaniesmarketcapのデータで比較すると、銀(シルバー)市場の推定時価総額1.37兆ドルは、早ければ今月中にも超える可能性がありそうだ。代替資産性を有する「デジタル・ゴールド」として比較対象とされやすい金(ゴールド)市場の時価総額は、推定11.5兆ドル規模とされる。

出典:companiesmarketcap

米ニューヨークの大手投資会社SkyBridgeキャピタルは今年1月、将来的に金市場と同水準まで市場規模拡大に至る可能性もあり得ると仮定して、1BTC=535,000ドルを理論値に置いた。

昨今では、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の影響を受け、大規模金融緩和フェーズが長期化したことにより、大量増刷された米ドルなど法定通貨の価値が希釈された上、インフレーションによる物価高の影響で相対的に目減りした。そのため、代替資産性の観点から、デジタル・ゴールドとしての性質を有するビットコインをインフレヘッジ目的で購入する上場企業が相次いでいる。

米連邦準備制度理事会(FRB)のジェローム・パウエル議長らは先週、ワクチンの普及と経済活動再開に伴い、高止まりする消費者物価指数などのインフレ率を念頭に、テーパリング(量的緩和縮小)の実施予定を確認している。

タイトルとURLをコピーしました