ビットコイン(BTC)

マウントゴックス債権者への配当検討 破綻時より価値5倍

仮想通貨「ビットコイン」の取引所マウントゴックスで巨額のビットコインが消失した事件で、業務上横領などの罪に問われた運営会社トップの初公判が明日11日、東京地裁で開かれる予定です。

マウント・ゴックス事件について簡単におさらい

事件は当時、世界最大のビットコイン取引所だった「MTGOX」(マウントゴックス)で起きた。2014年2月、顧客分75万ビットコインと自社保有分10万ビットコインが消失したことが発覚。同時に利用者からの預かり金を保管する預金口座の残高も28億円足りないことがわかり、ビットコインと預かり金の消失で負債が急増したため、同社は経営破たんしました。

この事件の話に触れると、必ず「ビットコインは危ない。怪しい!」という人が出てくるのですが、声を大にしていいます。ビットコインが怪しいわけでも、破綻したわけではありません。ビットコインを取り扱う、取引所のひとつが経営破たんした。ということです。

マウントゴックスのCEOは「ハッキングされて盗まれた」と自身の関与を否定したのですが、警視庁は2015年8月、口座のデータを不正に改ざんした疑いで逮捕しました。検察側の起訴状は、顧客の資金を管理していた同社名義の銀行口座から合計約3億2100万円を外部口座に送金し、横領するなどした、としています。

今回の裁判では事件の真相を解明できるか、注目が集まっているのです。

20170710-1

 

債権者への返済が検討中!?

あの事件から長い時間が経ちました。この事件で被害を被った人たちは、失ったビットコインは二度と戻ってくることは無いだろうと思っていた人も少なくは無いはずです。

しかし、なんとこの度、債権者への配当をコインで行うことが検討されているというのです。同社の資産のうち、コインの価値は破綻時から計算して5倍に急騰しており、債権総額456億円をなんと上回っているそうです。企業倒産に詳しい専門家は「聞いたことがない」としています。

同社の破産管財人が今年3月に東京地裁に出した報告書では、同社の資産は現金10億円と約20万ビットコイン。コインは破綻時のレートで約120億円相当だったものが、現在は約600億円相当になっていることになる(驚き!)

債権者として届出があったのは世界で2万人超。当初は総額263兆円の債権届け出があったが、管財人が精査した結果、456億円に減っているそうです。←(う~んなんでそんなに減ってるの?)
 
企業破産で債権者は債権額の一部しか配当が得られないことが多いですが、今回は「満額配当」になる可能性もあるそうです。当時約3千万円相当のコインを預けていた関西地方の債権者は、配当を現金かコインのどちらで希望するかを尋ねる連絡を管財人から受け、将来の値上がりを見込んで「コイン希望」と答えたそうです。

今回のこのあり得ない措置は、ビットコインの価格が上昇したお陰だったと言えるのではないでしょうか。

20170710-2
↑こう言っていた彼も救われることを祈ります。

 

出典:http://www.asahi.com/articles/ASK7B34Q7K7BUTIL00C.html
ビットコインで債権者への配当検討 破綻時より価値5倍

イーサリアム、ライトコインもスマホで買えます。
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
 
 

関連記事

  1. ビットコイン(BTC)

    ベネズエラ、ビットコイン購入の波再び

    仮想通貨を直接売買出来るサイト「LocalBitcoins」のデータに…

  2. ビットコイン(BTC)

    ショップサーブ ネットショッピングでビットコイン決済を標準搭載

    株式会社Eストアー(JASDAQ上場、証券コード4304、本社:東京都…

  3. ビットコイン(BTC)

    中国の家電製品にビットコインのマイニングチップを埋め込む!?

    中国の家電メーカー、マイディアグループ/Midea(美的集団)は、家電…

  4. ビットコイン(BTC)

    トム・リー氏「ビットコインの市場占有率が回復してきている」

    ビットコインについての分析家で御馴染みの、米ファンドストラット社のトム…

  5. ビットコイン(BTC)

    ビットコインが第2四半期に反発すると考えられる3つの理由

    今年、ビットコインにとってあまり良くないスタートを切りましたが、そろそ…

過去記事

新着記事

アフィリエイトのアクセストレード
  1. 仮想通貨全般/経済

    仮想通貨市場の時価総額10日間で450億ドル上昇、これは底が近づいているサインな…
  2. ビットコイン(BTC)

    韓国、規制内容明らかに。仮想通貨の実名取引を1月30日から開始
  3. ビットコイン(BTC)

    《注意喚起》Power BTCは詐欺!?
  4. アルトコイン

    大手中国取引所BTCC – イーサリアムよりイーサリアムクラシックを…
  5. ビットコイン(BTC)

    売り圧力は終了?Mt.Gox管財人が売却したBTC、BCH数量公開
PAGE TOP