マスターカードが暗号資産決済を導入か、USDCを運営するCircleとの提携を発表

投資ニュース
この記事は約2分で読めます。

ステーブルコインUSD Coin(USDC)を運営するCircleが、マスターカードとの提携を7月20日に発表した。マスターカードを通した暗号資産決済の導入に向けて取り組みを加速する構えだ。

今回の提携により、マスターカードの顧客は暗号資産から法定通貨へのUSDCを介した換金が可能となり、その処理が簡素化される。多くの暗号資産は価格の安定性が欠けており、暗号資産を扱うカード発行会社にとって法定通貨への換金作業はコストがかかるうえに複雑であった。USDCのようなステーブルコインは従来の決済手段よりも迅速に処理されるため、処理速度の向上も期待できる。

USDCを介した暗号資産から法定通貨への換金機能はまだテスト段階であるが、この新機能によりマスターカード加盟店での暗号資産を使用した決済が可能になるという。

Circleの共同創業者でありCEOであるJeremy Allaire氏は、「Circleとマスターカードの提携は、インターネット上での決済や商取引におけるUSDCの普及を促進し、暗号資産の決済システムと既存の金融システムとの間の橋渡しを実現する。マスターカードと協力して暗号資産会社向けのカード決済処理の簡素化ができることを嬉しく思う。」とコメントした。

またマスターカードの暗号資産・ブロックチェーン部門の責任者であるRaj Dhamodharan氏は、「今回の提携は暗号資産による新たな決済機会と商取引を促進する。暗号資産市場は成長し続けており、Circleと共に市場をさらに推進していくつもりだ。」と述べている。

USDCはCircleと米大手暗号資産取引所Coinbaseによりイーサリアム上で発行される、米ドル価格に連動したステーブルコインである。

Circleは暗号資産およびパブリックブロックチェーンを使用した決済や商取引、金融アプリケーションに関する事業を行っている代表的な企業の一つだ。運営するUSDCの流通額は250億ドルを超えており、これまでに7850億ドル以上のオンチェーン取引をサポートしている。

タイトルとURLをコピーしました