マネックス、仮想通貨事業で初の通期黒字に | コインチェックのトレーディング収益が大幅増

経済/社会
この記事は約2分で読めます。

コインチェックによる仮想通貨事業は、税引前利益は2億9③00万円の黒字(前年度は17億3200万円の赤字)となり、マネックスグループ入り後で初の黒字となった。

マネックスグループは5月7日、2019年3月期の通期決算を発表した。コインチェックによる仮想通貨(暗号資産)事業は、金融費用及び売上原価控除後営業収益が前年度比83.5%増の38億1200万円、税引前利益は2億9③00万円の黒字(前年度は17億3200万円の赤字)となり、マネックスグループ入り後で初の黒字となった。

出典:マネックスグループ

決算説明資料によれば、仮想通貨市場のボラティリティ上昇によって取引高が増加し、トレーディング収益が大幅に増加した。加えて「世界初のLiskステーキングサービスや新規通貨取り扱いの開始も」収益増に寄与したという。

仮想通貨事業については、2019年度は「累計期間にわたって全サービスがフル寄与、市場活況に伴う取引量増加および新規暗号資産の取扱いにより、トレーディング損益が大幅増加」と総括している。直近の2020年1~3月についても、「高いボラティリティを背景に取引高が増加」している。

また通期では、コスト削減の取り組みも黒字達成に寄与したようだ。人件費やシステム関連費用を絞り込み、販売管理費を12億円以上削減している。

出典:マネックスグループ

またユーザー数関連では、アプリダウンロード数が287万件、登録ユーザー数が203万人、マネックス本人確認済口座数は94万件となっている。

米国事業でも口座数は増加

米子会社のトレードステーションで展開している仮想通貨事業についても「取引活況により収益が増加」した。

仮想通貨事業「トレードステーションクリプト」の口座数は前四半期比5倍の3782件と大幅に増加したという。

タイトルとURLをコピーしました