ロシア、非適格投資家による仮想通貨購入の制限を検討

ビットコイン(BTC)
この記事は約1分で読めます。

ロシア通信社インターファクスの6日の報道によると、ロシア連邦議会金融市場委員会のアナトリー・アクサコフ委員長は、個人投資家を仮想通貨投資による潜在的な損失から保護するための新しい法律を採用する必要があると主張した。

そのため、同国議会の議員たちは、非適格投資家による仮想通貨投資を制限する新しい法律を検討しているという。
アクサコフ氏が、ロシア銀行が後援する金融消費者保護に関するイベントで発言した。

アクサコフ氏は、「デジタル資産に投資する国民に最大限の保護を提供することを検討する」と述べた。

仮想通貨への投資は、多くのリスクと同時に有望なリターンを伴うものであり、世界の投資家は数十億ドルを仮想通貨に注ぎ込んでいる、とアクサコフ氏は主張。「我々は、プロではない投資家をデジタル通貨の不安定な投資から保護するために、特定の法律を提供する必要がある」と指摘した。

今回のニュースは、個人投資家を「感情的に」仮想通貨を購入することから保護するため、仮想通貨取引所への取引を制限するというロシア銀行の新しい計画に沿ったものと考えられる。

タイトルとURLをコピーしました