三井物産:金連動の暗号資産、購入額が1億円を突破──開始3カ月強で

経済/社会
この記事は約2分で読めます。
三井物産:金連動の暗号資産、購入額が1億円を突破──開始3カ月強で

開始から3ヶ月の取引状況

三井物産デジタルコモディティーズ株式会社は31日、金(ゴールド)を裏付け資産とする暗号資産(仮想通貨)「ジパングコイン(ZPG)」の情報開示を発表した。

発行から3ヶ月で、9514万円相当のZPGを発行したことを明らかにした(17日時点)。

ジパングコインに関するデータは発行元の三井物産デジタルコモディティーズ株式会社が定期的に行う情報開示の一環として行われた。2月17日から5月17日の期間で同社は12,419ZPGを発行した。

ZPGの取引価格は平均で7,505円、最高値は8,201円を記録。最大の取引は874万円相当の1,100ZPGを7,971円時に購入したものだった。

 

ジパングコインとは

ジパングコインはゴールド価格との連動を目指す新型の仮想通貨で、1ZPGにつき金1グラムを三井物産が発行する仕組みとなっている。取引は500円から購入可能で、基盤技術にはbitFlyerの関連企業が開発した独自ブロックチェーン「miyabi」を採用。

ジパングコインの独自性について、三井物産デジタルコモディティーズの辰巳喜宣氏はConnecTVに対して「ビットコイン(BTC)と連動していない点」を挙げていた。大半のアルトコインがビットコインと高い相関性が目立つ中、リスクオフ資産として定評のあるゴールドと連動する暗号資産を提供している。

発行主体の三井物産デジタルコモディティーズは暗号資産交換業者としての登録を取得しておらず、取引などは提携企業のデジタルアセットマーケッツが担当する。

ジパングコインの取引・購入は仮想通貨交換業者の株式会社デジタルアセットマーケッツから可能。同社は2月末に日本取引所グループ(JPX)から3.6億円の少数持分出資を受けていた。

長期的には国内の仮想通貨取引所での上場を目指している。

タイトルとURLをコピーしました