フィンテック

世界初、車内からガソリン代決済。Honda、Visa共同開発。

1月5日から8日にわたって米ラスベガスで開催された、世界最大の国際家電見本市、CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)の初日、車内ダッシュボードのモニターから決済が可能な「In-Vehicle Payment(車内決済)」をHondaが発表されました。

この新システムはHondaとVisaの提携によるもので、世界初の自動車決済の幕開けとなることが期待されています。

ビザのモバイル端末向け決済サービス「ビザ・トークン」の仕組みを応用。ガソリンスタンドや駐車場での支払いが運転席の画面上で簡単かつ安全にできる。年内に米国で実証実験を始め、2~5年以内の実用化を目指すとのこと。

Honda Developer Studioのジョン・ムーン氏は、決済市場が革命的に進歩した近年、こうした最先端の技術を自動車に取りいれる絶好の機会であるとの考えを表明しています。

20170110%ef%bd%82_02
(社内のモニターで決済手続きが可能)

Hondaはほかにも、AI(人工知能)技術を利用した世界初の感情エンジン「HANA」搭載のEVコミューター・カー「Honda NeuV」、バランス制御技術を屈指した次世代バイク「Honda Riding Assist」などのテストモデルをCESで発表。独自のテクノロジー研究を深めることで、消費者の生活をより便利で安全なものへと進化させる開発に取り組んでいます。

FinTechの影響は金融産業だけにとどまらず、保険、自動車、輸送など多様な産業に日々広がりを見せています。「自動車決済が当たり前」の時代が、そう遠くはない未来に到来しそうですね。

出典:fintechonline、日本経済新聞
Photo:paymentnavi

関連記事

  1. フィンテック

    金融庁、スイス当局とフィンテックで連携

    シンガポール金融管理庁(MAS)は12日、スイスの連邦金融市場監督機構…

  2. フィンテック

    iPhoneでApple Payの提供開始

    Appleが提供する電子決済サービスApple Payの提供が日本でも…

  3. フィンテック

    「ロボアド」をご存知ですか?

    近年、注目度が上昇しているロボットアドバイザー(ロボアド)。東海東京証…

  4. フィンテック

    金融庁のFintech相談窓口への相談件数は半年で91件

    特にベンチャー企業が開業する時の法規制についての相談が多いようで、開業…

  5. フィンテック

    プラットフォームで国際送金ーーウェルズファーゴ、ANZ銀行

    ウェルズファーゴとオーストラリア・ニュージーランド(ANZ)銀行が、共…

  6. フィンテック

    グーグル、VRで「バーチャル遠足」を提供 仮想現実を教育現場に

    グーグルは6月27日、新たな教育関連ツールを発表した。「グーグル・エク…

過去記事

新着記事

アクセストレード パートナーサイト募集
  1. アルトコイン

    「中国の禁止措置はマイニングまで及ばない」 – ジョンマカフィー
  2. 仮想通貨全般/経済

    強気派のマイケル・ノヴォグラッツ、ビットコイン価格予想を再び修正
  3. 仮想通貨市況

    ビットコイン:5月11日の相場
  4. ビットコイン(BTC)

    ロンドンの有名貴金属店がビットコイン払いの受け入れ
  5. 仮想通貨全般/経済

    日本に350万人のトレーダー、仮想通貨界を牽引
PAGE TOP