中国、暗号資産マイニングを再び排除すべき産業リストに追加

マイニング
この記事は約1分で読めます。

中国・国家発展改革委員会(NDRC)は8日、排除すべき産業リストの草案に再び暗号資産マイニングを加えた。

草案は、暗号資産マイニングを時代遅れの生産プロセスと設備を使用する産業としている。 ビットコインをはじめとする暗号資産のマイニングは、2019年4月に発表されたリストに含まれていたが、2020年11月のリストには含まれていなかった。

約2年を経て、再びリストに追加されたことは、今年5月に国務院が暗号資産の取引とマイニングの規制強化を通知し、9月に中国人民銀行が取引とマイニングを全面禁止した動きに沿っている。

2週間前には中国当局が暗号資産マイニングの新たな取り締まりを命じ、事実上、暗号資産に関わる活動をすべて非合法化した。 NDRCは2005年にリストの発表を開始し、経済を舵取りするために産業を奨励、制限、排除の3つのカテゴリーに分類している。

タイトルとURLをコピーしました