仮想通貨全般/経済

中国の三大取引所が明日から取引手数料0.2%徴収へ

中国の三大ビットコイン取引所、BTCC、OK Coin、Huobiが明日から、ビットコインの取引手数料に対して手数料を徴収することをアナウンスしたことをCoin Portalが報じています。

1月24日午後12時より一斉にビットコインとライトコインの取引に対して0.2%の取引手数料を徴収することを、1月22日にそれぞれのサイトでアナウンスしました。BTCCのホームページには以下のように書かれています。

20170123_01

市場操作と極度なボラティリティを抑制するために、BTCChinaは1月24日火曜日の午後12時(正午)からビットコインとライトコイン取引の料金を請求致します。マーケットMakerとTaker(入札者)らには、1回の取引で0.2%の手数料がかかります。ご不明な点がございましたら[email protected]までご連絡ください。

これに先立ち、中国の中央銀行・中国人民銀行は年明けにビットコイン取引に対する注意喚起の公式声明を出し、ビットコインの価格乱高下防止やアンチ・マネーロンダリング措置、取引量の信頼性などに対処する目的で上述の三大取引所に立ち入り検査を実施していました。

立ち入り検査直後各取引所は信用取引サービスを停止しており、BTCCのCEOボビー・リー氏は規制当局からまだ公式なドキュメントなどは受け取っていないものの“非公式の指導”を受けてサービス停止に至ったと発言していました。

中国人民銀行からは今回の一連の取引所検査や規制に関してまだ公式声明は出ておらず、今後の取引所規制にどのような変化が起こるかについてはまだ明らかにされていません。今後も信用取引サービスは廃止となるのか、取引手数料が必須となるかなどは現時点では不明です。

ちなみに日本のビットコイン取引所はと言うと、以下のように各取引所に手数料のバラつきが見られます。無料にしているところが多く、今後今回の中国のように有料化される可能性もあります。

bitFlyer:しばらく無料(変更2週間前に告知)
CoinCheck:過去30日間のBTC取引量により異なる。Makerは0%以下
BTCBOX:無料
 
(以上はビットコインの手数料についてのみ。オルトコインは異なる)
 

出典:https://www.coin-portal.net/2017/01/23/17057/?cat=postcat
中国三大取引所、明日から取引手数料0.2%徴収へ

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    VanEck、SolidXが”限定版”のETFを機関投資家に向けて販売、アナリストラから…

    米国証券取引委員会(SEC)はこれまでに多数の提案されたビットコインE…

  2. アルトコイン

    「中国の禁止措置はマイニングまで及ばない」 – ジョンマカフィー

    アンチウイルスソフトでおなじみのジョン・マカフィー(John McAf…

  3. アルトコイン

    クリスマスイヴ、ビットコインなど主要コインは10%以上の下落

    12月24日クリスマスイヴ、仮想通貨市場は大幅に下落しました。ビッ…

  4. ビットコイン(BTC)

    国税庁ビットコインの税金区分を発表

    多くの人が以前から議論を続けている、仮想通貨に掛かる税金について。…

  5. 仮想通貨全般/経済

    JPモルガンチェース、仮想通貨とブロックチェーン技術が銀行をおびやかす可能性を認める

    米国最大クラスの金融機関、JPモルガンチェースは、仮想通貨とブロックチ…

  6. 仮想通貨全般/経済

    Facebook「仮想通貨リブラの”バグ”を発見したら最大100万円差し上げ…

    Facebook(フェイスブック)は、今後、同社の発行予定である暗号通…

過去記事

新着記事

PAGE TOP