仮想通貨全般/経済

中国人民銀行 独自のビットコイン作成へ

中国の中央銀行である中国人民銀行が2014年に結成した研究グループが、国の暗号通貨の試運転を完了した。これにより中国人民銀行は、将来的に麺から自動車まであらゆるものを購入することができる電子通貨を発行する世界初の中央銀行になることに1歩近づいた。

20170227_01

ブルームバーグ通信によると、スマートフォンで支払いをすることに慣れた人たちにとって暗号通貨の使用は既存の決済システムAlipayあるいはWeChatとそれほど違いはない。

だが売り手にとっては明らかな違いが生じる。売買の電子形式への移行は、他のインスタスを素通りして買い手から直接電子通貨を受け取ることになるため、取引を行う際のコストが削減される。

今のところ暗号通貨が機能するプラットフォームの開発が続けられており、中国人民銀行はブロックチェーンの技術を研究し、形成されつつある「バブル」を懸念しながら、ビットコインの発展を注視している。

つい最近ではウィーンで、ビットコインを両替できる銀行が初めて誕生したと報じられたばかり。

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    ビットコイン今年最安値の3200ドルまで一時下落。衰退の原因は何なのか?

    13日未明、ビットコインは3,200ドルのエリアから大きな売り物が続き…

  2. 仮想通貨全般/経済

    中国政府が金輸入の規制を強化

    先週ついにビットコインの価格は9万円を突破しました。そんな中、…

  3. 仮想通貨全般/経済

    2018年「成熟した」仮想通貨市場が多くの投資を引き寄せる

    香港に拠点を置く仮想通貨投資会社Orichal Partnersの設立…

  4. 仮想通貨全般/経済

    株式市場一時1000円安の急落を受け、仮想通貨市場も全面安

    前日のアメリカNYダウ831円安と大幅下落を背景に、11日の日本株式市…

  5. 仮想通貨全般/経済

    ビットコインウォレットで知られるBlockchain社「1日5万ユーザーの新規登録がある」

    仮想通貨ウォレットで有名な「Blockchain」は仮想通貨市場の低迷…

過去記事

新着記事

アクセストレード パートナーサイト募集
  1. 仮想通貨全般/経済

    マイニング、日本国内でも収益化できる
  2. 仮想通貨全般/経済

    長引く中国取引所閉鎖のうわさと緩やかに回復する市場
  3. 仮想通貨全般/経済

    中国のビットコイン投資家 代わりにP2P取引を利用
  4. 仮想通貨全般/経済

    インドBelfrics、準備銀行RBIとの問題があっても取引を再開する
  5. ビットコイン(BTC)

    CMEビットコイン先物取引、12月18日までに開始か
PAGE TOP