仮想通貨全般/経済

中国人民銀行 独自のビットコイン作成へ

中国の中央銀行である中国人民銀行が2014年に結成した研究グループが、国の暗号通貨の試運転を完了した。これにより中国人民銀行は、将来的に麺から自動車まであらゆるものを購入することができる電子通貨を発行する世界初の中央銀行になることに1歩近づいた。

20170227_01

ブルームバーグ通信によると、スマートフォンで支払いをすることに慣れた人たちにとって暗号通貨の使用は既存の決済システムAlipayあるいはWeChatとそれほど違いはない。

だが売り手にとっては明らかな違いが生じる。売買の電子形式への移行は、他のインスタスを素通りして買い手から直接電子通貨を受け取ることになるため、取引を行う際のコストが削減される。

今のところ暗号通貨が機能するプラットフォームの開発が続けられており、中国人民銀行はブロックチェーンの技術を研究し、形成されつつある「バブル」を懸念しながら、ビットコインの発展を注視している。

つい最近ではウィーンで、ビットコインを両替できる銀行が初めて誕生したと報じられたばかり。

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    ゴールドマン・サックス、ビットコイン取引商品の案内を静かに始める

    米大手投資銀行のゴールドマン・サックスは、限られた顧客に対してまだ発売…

  2. 仮想通貨全般/経済

    バイナンス、仮想通貨の購入にクレジットカード払い可能に

    世界最大規模の取引量を持つ、大手仮想通貨取引所のバイナンス(Binan…

  3. 仮想通貨全般/経済

    ロシア、ユーザーの12%は仮想通貨が主な収入源

    最近の調査によると、ロシア人の仮想通貨ユーザーのうち、12%が仮想通貨…

  4. 仮想通貨全般/経済

    ホテル予約サイト「Travala」33%増収、予約の60%は仮想通貨で支払い

    仮想通貨ユーザーが、世界中のホテルの部屋を予約できるオンラインプラット…

  5. ビットコイン(BTC)

    (悲報)XAPOデビットカードが突然の中止を発表

    当ブログでもご紹介していたXAPOのカード。ビットコインをチャージして…

  6. 仮想通貨全般/経済

    インド銀行、亡くなった父親の残した現金を拒否

    インドで、ある小さな家の主人(Shivcharan Singh Mar…

過去記事

新着記事

PAGE TOP