仮想通貨の時価総額が合わせて1兆円を突破

経済/社会
この記事は約2分で読めます。

仮想通貨はこれまでにないボリュームとスピードでブームを巻き起こしており、時価総額が合わせて100億ドル(約1兆円強)を突破した。

20170607-01
(CoinmarketCapによる、全仮想通貨の時価総額ボリュームが1兆円を超える様子)

ビットコインは間もなく3000ドルに届きそうな勢いで、過去最高値を更新し続けている。ビットコインは西側諸国で主流となり現在の時価総額は、ほぼ50億ドルに達するだろう。

何がビットコインの価格を現在押し上げているのか明確には分かっていない。韓国はかなりのどが渇いているらしく、ビットコインの取引量が半端ではない。中国も同じくそのあとを追っているが、ビットコインのペア通貨はイーサリアムが主流のようである。

イーサリアムも上昇を続けており260ドル前後が現在の価格帯であり、10~20ドルずつ毎日上げながら高値を更新している。

しかし既に決済手段や投資通貨として知られているビットコインとは異なり、イーサリアムは様々な分野がプラットフォームの活用を取り入れることに期待している。イーサリアムを知っている人は一般ではほとんど皆無であるが、ビットコインは仮想通貨がなんたるやを知らない人でも、名前を知っているくらいの認知度があるだろう。

ビットコインとイーサリアムのレースは加熱しており、イーサリアムの今月の時価総額はなんとビットコインの先月の時価総額を上回っている。
 

20170607-02

さらに注目すべきは、トップ8の全てのオルトコインの時価総額は1億ドルを超えていることである。

時価総額1億ドル超えは、以前は非常にまれなことであったし、今年の初めにイーサリアムが達成した際には大きく報道されたりもしたが、今や日常のことである。

オルトコインのランキングへの新入りは8位にランクインの「Sratis」である。(開発者はBitcoin Coreの貢献者、Nicolas Dorier氏)

出典:https://www.cryptocoinsnews.com/digital-currencies-market-cap-breaches-100-billion/
Digital Currencies’ Combined Market Cap Breaches $100 Billion(!)

タイトルとURLをコピーしました