仮想通貨全般/経済

仮想通貨の時価総額が合わせて1兆円を突破

仮想通貨はこれまでにないボリュームとスピードでブームを巻き起こしており、時価総額が合わせて100億ドル(約1兆円強)を突破した。

20170607-01
(CoinmarketCapによる、全仮想通貨の時価総額ボリュームが1兆円を超える様子)

ビットコインは間もなく3000ドルに届きそうな勢いで、過去最高値を更新し続けている。ビットコインは西側諸国で主流となり現在の時価総額は、ほぼ50億ドルに達するだろう。

何がビットコインの価格を現在押し上げているのか明確には分かっていない。韓国はかなりのどが渇いているらしく、ビットコインの取引量が半端ではない。中国も同じくそのあとを追っているが、ビットコインのペア通貨はイーサリアムが主流のようである。

イーサリアムも上昇を続けており260ドル前後が現在の価格帯であり、10~20ドルずつ毎日上げながら高値を更新している。

しかし既に決済手段や投資通貨として知られているビットコインとは異なり、イーサリアムは様々な分野がプラットフォームの活用を取り入れることに期待している。イーサリアムを知っている人は一般ではほとんど皆無であるが、ビットコインは仮想通貨がなんたるやを知らない人でも、名前を知っているくらいの認知度があるだろう。

ビットコインとイーサリアムのレースは加熱しており、イーサリアムの今月の時価総額はなんとビットコインの先月の時価総額を上回っている。
 

20170607-02

さらに注目すべきは、トップ8の全てのオルトコインの時価総額は1億ドルを超えていることである。

時価総額1億ドル超えは、以前は非常にまれなことであったし、今年の初めにイーサリアムが達成した際には大きく報道されたりもしたが、今や日常のことである。

オルトコインのランキングへの新入りは8位にランクインの「Sratis」である。(開発者はBitcoin Coreの貢献者、Nicolas Dorier氏)

出典:https://www.cryptocoinsnews.com/digital-currencies-market-cap-breaches-100-billion/
Digital Currencies’ Combined Market Cap Breaches $100 Billion(!)

関連記事

  1. 仮想通貨全般/経済

    インドATMに「子ども銀行券」 新紙幣早くも偽造、管理ずさんと批判

    インドのデリー(Delhi)首都圏で、現金自動預払機(ATM)から「イ…

  2. 仮想通貨全般/経済

    明暗分かれる取引所。英国最古の取引所は従業員を削減

    世界最大の仮想通貨ブローカーであるCoinbase(コインベース)は5…

  3. ビットコイン(BTC)

    モスクワで初の仮想通貨取引所が開設

    ロシア当局がビットコインの使用に罰則を与える案を撤回した数日後、はじめ…

  4. ビットコイン(BTC)

    市場が選ぶ最も優れたビットコインデビットカード6枚

    2025年には、世界中の数多くのメインストリーム企業がビットコイン決済…

  5. ビットコイン(BTC)

    Zaifの説明と、21億BTCを0円で購入者との説明に食い違い

    仮想通貨取引所「Zaif」を運営するテックビューロは20日、16日に発…

  6. ビットコイン(BTC)

    JPモルガンのジェイミー・ダイモン氏「ビットコインは詐欺だと言ったことを後悔している」

    ジェイミー・ダイモン氏は、今現在、仮想通貨を「詐欺」と呼び、悪意のある…

過去記事

新着記事

アクセストレード パートナーサイト募集
QUOINEX
  1. 仮想通貨全般/経済

    株式市場一時1000円安の急落を受け、仮想通貨市場も全面安
  2. ビットコイン(BTC)

    ロンドンの有名貴金属店がビットコイン払いの受け入れ
  3. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン先物取引、ナスダック上場が刺激剤に
  4. ビットコイン(BTC)

    世界初の「ビットコイン上場投資信託」米SECで間もなく承認
  5. 仮想通貨全般/経済

    ベネズエラのマドゥロ大統領「2019年石油の決済には仮想通貨ペトロを採用する」
PAGE TOP