仮想通貨フレンドリーなマネーアプリ「Revolut」、XRPの保有・売買についてユーザーに警告「最悪のシナリオ」はXRP価格がゼロ

リップル(XRP)
この記事は約2分で読めます。

仮想通貨フレンドリーな取引アプリである「Revolut」は、XRP売買に関してユーザーに強い警告を行っている。

アイリッシュタイムズの報道によると、Revolutは最近、顧客に対してお知らせを配信し、事前の通知なしにXRPの取引を停止もしくは制限する可能性があると述べていた。Revolutは、「最悪のシナリオ」でXRP価格がゼロになり、トークンを売却する手段がなくなり、資金が事実上スタックする可能性があるとユーザーに警告している。

「仮想通貨の保有、特にXRPについて常に再評価を行い、関連するリスクを受け入れることができるかどうかを評価することが重要だ」と、Revolutは言及している。

Revolutのユーザーはアプリ内での取引が制限されており、サードパーティのウォレットから仮想通貨を送受金することができない。Revolutは、米証券取引委員会(SEC)がリップル社を訴追したことを受け、パートナーである仮想通貨取引所の一部が取引を制限しているため、流動性が低下し、RevolutでXRPを売買できるなくなる可能性があると述べている。

コインベースを含む多くの仮想通貨取引所は、SECがリップルに対して法的措置を講じたことを受け、XRPの取引を一時停止するなどの措置を講じている。SECは12月、リップル社および創業者のブラッド・ガーリングハウスCEOやクリス・ラーセン会長を、未登録で証券販売を行ったとして訴追した。

英国を拠点とするRevolutは昨年、自社のマネーアプリでの仮想通貨取引サービスを豪州と米国に拡大している。これは新型コロナウィルスのロックダウンの下で、仮想通貨への関心が高まったことを受けたものだと当時報じられていた。

タイトルとURLをコピーしました