仮想通貨取引所バイナンス、豪州でもデリバティブ取引提供を停止へ

ビットコイン(BTC)
この記事は約1分で読めます。

世界最大の仮想通貨取引所の1つであるバイナンスは、オーストラリアでの新しい取引を制限すると発表した。世界中で直面している規制問題への対応を進めている。

バイナンスの発表によれば、オーストラリアの既存のバイナンスユーザーは、仮想通貨先物やオプションなどのポジションを90日以内に閉じる必要がある。

今週金曜から、オーストラリアのユーザーはバイナンスでデリバティブ商品の新しいポジションを持つことができなくなる。発表によると、ユーザーは引き続き証拠金を積み増すことで、清算や証拠金の請求を防ぐことができる。

12月23日以降には、オーストラリアのバイナンスユーザーは、すべてのポジションが閉じられてしまうことになる。

バイナンスの広報担当者は、「バイナンスはグローバルに事業を展開しているため、様々な市場にわたる地域の規制要件も監視している。私たちが行う移行プロセスにおいて混乱がないようにしたい」と、コインテレグラフに語っている。

オーストラリアでのユーザーの取引制限は、他国での一連の対応に続くものだ。7月にバイナンスは、欧州での仮想通貨デリバティブ取引の提供を停止することを発表した。8月にはブラジルでも仮想通貨デリバティブ取引を停止。その後、香港でも同様の取引制限を行っている。

タイトルとURLをコピーしました