仮想通貨取引所ビットポイント、日本で初めてTRXを上場へ

アルトコイン
この記事は約1分で読めます。

仮想通貨取引所ビットポイントは10日、トロン(TRX)の上場を発表した。TRXが取り扱われるのは日本で初めてだ。上場予定日は3月17日。

ビットポイントはコインテレグラフジャパンに対して、今後の予定として積み立てサービスやステーキングなどの展開を計画していることを明らかにした。

コインマーケットキャップによると、トロンは10日時点で時価総額28位の仮想通貨。動画などのコンテンツを投稿できるエンターテイメント用TRONプラットフォーム上で使用される通貨だ。イーサリアムのようにスマートコントラクトを使って独自仮想通貨を発行したり、分散型アプリ(dApps)を開発することができる。

トロンは現在10年間のロードマップが発表されており、現在は2021年7月までの開発段階である「Great Voyage」を進めている。ブロックチェーンを使ったコンテンツ提供者の所得計算やTRX保有者への配当金支払い、サポーターの管理などの問題を解決する。

ビットポイントの取扱通貨は今回の発表でビットコインやイーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、ベーシック・アテンション・トークンを含めて7銘柄になった。

タイトルとURLをコピーしました