仮想通貨市場が低迷した6月以降、1BTC以上を持つビットコイン保有者は4万人増加

ビットコイン
この記事は約2分で読めます。

小規模なビットコイン(BTC)投資家は、仮想通貨の低迷期の間、お気に入りの仮想通貨を手に入れるまたとない機会を見出している。「ホールコイナー(1BTC以上を持つウォレット)」の数は、6月の低迷期以降だけで4万人も急増している。

LookIntoBitcoinによると、BTC価格が38,000ドル前後だった1月31日以降、BTCの「ホールコイナー」の数は着実に増加している。

しかし、ビットコインの価格は5月に約27%、6月にさらに40%下落し、同月には少なくとも1ビットコイン全体を保有するウォレットが新たに2万5389件増加した。

記事執筆時点でのBTC価格は23,035ドルで、2021年11月に付けた最高値である64,400ドルから64%下落しており、ホールコイナー数は2022年8月1日現在で89万1346人と過去最高を更新している。

仮想通貨投資家のラーク・デイビス氏は自身のツイッターで、「多くの人がホールコインの目標を達成している!」と語った。

The number of wallet addresses holding at least 1 #bitcoin has jumped by about 40,000 since the crash started!

A lot of people hitting their whole coin goal! pic.twitter.com/5Lh1hRLKIh

— Lark Davis (@TheCryptoLark) August 2, 2022

興味深いのは、10BTC以上、100BTC以上、1000BTC以上を保有するウォレットの数が、同時期に先細り、あるいは減少に転じているデータだ。

10BTC以上のウォレットアドレスは5月以降600の上昇にとどまり、100BTC以上のアドレスは125、1,000BTC以上のウォレットは113の下落となった。

Source: LookIntoBitcoin

ビットコインの価格は7月中旬以降上昇傾向にありますが、仮想通貨はすでに底を打ったのか、それともさらなる下降が待っているのか、意見が分かれている。

タイトルとURLをコピーしました