北米初のビットコインETF、わずか2日で資産440億円

ビットコイン(BTC)
この記事は約1分で読めます。

北米で初の承認を受けたビットコインETF(上場投資信託)の資産運用残高が、上場後わずか2日間で4億2180万ドル(約445億円)を超えた。

パーパスインベストメント(Purpose Investment)が運営するビットコインETFは18日、カナダのトロント証券取引所に上場。証券コード(ティッカー)は「BTCC」。初日の取引は1億ドルを超えた。

ブルームバーグ・インテリジェンスのETFアナリスト、エリック・バルチュナス氏は、パーパスインベストメントのBTCCの残高は1週間で10億ドルを超える可能性があるとツイッターでコメントした。

19日、もう一つのビットコインETF「Evolve ETF」がトロント証取で取引を開始した。証券コードは「EBIT」で、現在の資産運用残高は127万ドル。運用手数料は両ビットコインETFともに1%。

タイトルとURLをコピーしました