ビットコイン(BTC)

国税庁ビットコインの税金区分を発表

多くの人が以前から議論を続けている、仮想通貨に掛かる税金について。

9月6日付で国税庁のホームページにあるタックスアンサー(税金に関する質問への一般的な回答を税金の種類ごとに調べることができる)のページに、ビットコインで利益が生じた場合の課税についての説明が掲載されました。

その内容は以下の通り

1524 ビットコインを使用することにより利益が生じた場合の課税関係
[平成29年4月1日現在法令等]

 ビットコインは、物品の購入等に使用できるものですが、このビットコインを使用することで生じた利益は、所得税の課税対象となります。

 このビットコインを使用することにより生じる損益(邦貨又は外貨との相対的な関係により認識される損益)は、事業所得等の各種所得の基因となる行為に付随して生じる場合を除き、原則として、雑所得に区分されます。

(所法27、35、36)

「ん?ん?んー?」つまりどういうことよ???

あまりにも簡素な回答だけに、私には結局この文章からは、ビットコインの税金は「雑所得」区分として扱われることしか分かりません。

ツイッターでも混乱する人がたくさん見受けられます。

確かなことと不確かなこと

今分かっているのは、持っているビットコインをJPY(日本円)に変えた(売却)した時点で利確として見なされて課税される。ということです。

これはいわゆる「ビットコインを使用することで生じた利益」に該当すると思われます。

それでは下記のような場合はどうなるのでしょうか?
 

ビットコイン支払いでも税金が発生するのか?

例えば
10万円で購入したビットコインが、現在100万円になっている。

この100万円分のビットコインのまま、車の購入時に支払ったとします。(ビットコイン支払いを受け付けているお店、または人から購入)

一見、日本円に一旦換えたわけでは無いので税金が掛からないのでは?と思われるかもしれませんが、ここで90万円の利益が生じているとみなされる場合があるそうです。

(100万円の車-10万円で買ったビットコイン=90万円の差益)

JPYを経由することなく取引を続ければどうなるのか?

それではこのケースはどうでしょうか?

取引所内に保有している1BTC(約50万円)で、14ETH(イーサリアム)を購入します。そこでETHが値上がりしたので、その14ETHで1.1BTCを買い戻したとしたらどうでしょう?

手元にあるBTCは0.1BTC分増えています。ここが課税対象となるのであれば、全取引を細かくメモしておく必要があります。

 
 
これらのケースの場合の課税方法については、国税庁のタックスアンサーには書かれていません。しかもビットコインのことは書かれていても、アルトコインのことは書かれていませんねよね!?(アルトコインなら非課税なの?)

税務署自体が仮想通貨への取り決めが進んでいない現れだと思われますので、結局は仮想通貨の税金については今のところ、為替FX初期の頃のように税務署によって対応が違うというのが現状です。

確定申告をする際には、管轄の税務署に詳しくたずねるほか無いようです。
 
 
 
 
 
ここから登録すれば今なら最大5,000円のビットコインがもらえる期間限定キャンペーン中!
初心者の方ならゼッタイお薦めはコインチェック。
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

関連記事

  1. アルトコイン

    コインチェックから盗まれたXEM、犯人が交換所を立ち上げ!?

    コインチェックから580億円相当の仮想通貨「XEM」が盗まれてから約2…

  2. アルトコイン

    イーサリアムが高値の記録を更新 この24時間で40%の値上がり

    2017年は今のところ暗号通過の投資家にとって素晴らしい年となっている…

  3. 仮想通貨全般/経済

    長引く中国取引所閉鎖のうわさと緩やかに回復する市場

    9月8日に、中国の財新メディアが、中国の金融当局は仮想通貨取引所を当面…

  4. ビットコイン(BTC)

    iPayYouがAmazonで利用できるビットコイン決済サービスを発表

    ビットコイン決済のゲートウェイ・サービスを提供するiPayYouが、A…

  5. ビットコイン(BTC)

    イーサリアムのハッシュレートが一時下落

    9/19(日)イーサリアムのマイナーが、イーサリアムのマイニングリグの…

過去記事

新着記事

bitbank(ビットバンク)なら仮想通貨を貸して増やせる!1年間最大年率5%!
アフィリエイトのアクセストレード
  1. アルトコイン

    イーサリアムの共同設立者「価格崩壊は目新しくはない。発展の妨げにはならない」
  2. 仮想通貨市況

    ビットコイン、イーサリアム:6月27日の相場
  3. ビットコイン(BTC)

    マイニングコストとの関係から分析「2019年末にはビットコイン3万6千ドルを予測…
  4. ビットコイン(BTC)

    中国人民銀行の前頭取「ビットコインの破壊は不可能。」と発言
  5. ブロックチェーン

    スウェーデン政府、3月にブロックチェーン土地登記実証実験
PAGE TOP