最大手資産運用会社ブラックロックCEO「ビットコインはグローバルマーケットになり得る」

ビットコイン(BTC)
この記事は約4分で読めます。

ビットコイン対ゴールド

ビットコインは、資金の避難先としてゴールドのライバルとなり得るのか。ビットコインが一部取引所で過去最高値を更新したことで、同様の議論には、ますます多くの人が参加している。

ビットコインは、ここ最近Binanceなどの一部取引所で過去最高値を更新した。日本円価格でも11月30日に取引所bitFlyerで現物価格が200万円を突破しており、これは約3年ぶりの出来事となる。

一方で、金のETFは資金の流出が止まらない。世界最大の金ETFである「SPDRゴールドシェア」は金の現物保有量が減少を続け、12月1日の時点で1200トンを下回った辺りで推移している。NY金価格も今週は一時1800ドルを下回る水準で取引されている。

新型コロナのワクチン開発に進展が見られたことによるリスク選好で株式市場へ資金を戻す動きと見られ、大規模な景気刺激策によるインフレからのヘッジとして利用される金からは資金が流出している可能性がある。また、資金の流出先としては、ビットコインが含まれているとの指摘もなされている。

CoinSharesの投資ストラテジストであるJames Butterfill氏はブルームバーグ紙に対し「ビットコインは信頼できる価値の保存手段としての地位を確立している」と語り、投資家は必然的に金との比較を行っているとした。

機関投資家の利用が大半を占めるグレースケールのビットコイン投資信託(GBTC)は急拡大を続けており、2020年第3四半期は、イーサリアム投信などを含めた合計の投資額が10億5000万ドルに達している。単期としては過去最大の資金流入だという。

特にビットコイン投信(GBTC)の1週間当たりの平均投資額は5530万ドル(約57億円)となっており、これらの資金は84%が機関投資家からのものということだ。

12月1日の時点で、保有資産(AUM)がビットコイン単体で100億ドルを突破しており、グレースケール全体でのAUMは123億ドル(約1兆2800億円)となっている。なお、第3四半期の報告時点でのAUMは59億ドルだった。

ブラックロックCEO「ビットコインは小さい市場だ」

BlackRock(ブラックロック)のラリー・フィンクCEOは、火曜日に行われたインタビューにて、ビットコインについて言及、グローバルなマーケットになり得るとの見解を示した

元イングランド銀行のMark Carney氏との会話の中で以下のように語っている。

ビットコインは多くの人々の関心や想像を惹きつけている。まだテストされておらず、他のマーケットに比べとても小さい市場だ。

一方で、「グローバルなマーケットへと進化することができるだろうか」という自問に対し「恐らくは(できるだろう)」と結論付けた。

ブラックロック社の債券の最高投資責任者であるリック・リーダー氏も、最近ビットコインに関して前向きな発言をしている。

同氏はCNBCのインタビューに対し、「仮想通貨(暗号資産)と、特にミレニアム世代のテクノロジーや暗号通貨に対する受容性は本物だと考える」とし、それ故に「ビットコインはここに留まる」との考えを語った。

ブラックロック社の運用資産残高は今年9月の時点で7.81兆ドル(約824兆円)になり、株式、債券、不動産等を運用する世界最大の資産運用会社だ。ビットコインの現在の時価総額は3450億ドル(約36兆円)となり、1/20以下の時価総額にすぎないともいえる。

また、先日バイデン米次期大統領は政権人事を次々と発表しているが、財務副長官、国家経済会議(NEC)委員長にそれぞれブラックロックの出身者を指名しており、ブラックロック社は政権への影響力も保持しつつある。

このような企業のCEOがビットコインに対して、将来的に成長するだろうとの見方を示したことの影響力は大きいと見られる。なお、ブラックロック(投資顧問会社のBlackRock Fund Advisors)は2020年の8月から9月にかけて上場企業としてビットコインを購入し話題を集めたMicroStrategy社の株式を14.9%保有(CNNより)する株主でもある。

タイトルとURLをコピーしました