本日開始予定の豪「仮想通貨ETF」、ローンチ延期へ

未分類
この記事は約2分で読めます。

豪仮想通貨ETF、ローンチ延期

オーストラリアのデリバティブ取引所Cboe Australiaは26日、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)のETF上場を延期する方針を発表した。

取引所側は具体的な要因は明かさなかったものの、地元紙のAFRは、ブローカーが流動性を提供する「マーケットメイカー」を期日までに用意できなかった指摘。同日にローンチを控えていたCosmosのETFも延期が決定しており、計3つの仮想通貨・ブロックチェーンETFが上場延期という形となっている。

ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)のETFを提供するETF Securities社のKanish Chugh氏は、「一時的な延期」は企業やETF自体、および取引所の責任ではないと説明。早急に課題を解決し、なるべく早くETFをローンチできるようにしたいと語った。

2003年に世界初のゴールド(金)ETF実現に貢献したETF SecuritiesのGraham Tuckwell会長は、「仮想通貨ETFの承認期間はキャリア上、最も長い(長期化しやすい)」と指摘。オーストラリア証券取引所(ASX)はこれまで複数の仮想通貨関連ETFの申請を受けていたが、未だ主要取引所のASXでは上場に至っていない。

米国でも、ビットコインやイーサリアムの現物ETFは上場していないが、隣国カナダでは、ビットコイン現物ETFが21年2月にローンチしている。現在では3社が同様の商品を提供しており、累計6万BTC以上を保有しており、継続した需要の高さが伺える。

タイトルとURLをコピーしました