フィンテック

現金が無くなる日が来る!?

日本でも電子マネーによる支払は急速に増え、普段の生活ではキャッシュレス化が進んでいる。多くの人がSuicaやPASMO、関西ならICOCAといった交通系の電子マネーを使って、切符を購入することなく自動改札を利用するようになったからだ。

バブル景気が華やかなころには、1万円札よりももっと高額な紙幣の発行が必要だという議論もあった。しかし、もう5万円札や10万円札といった超高額が発行されることはなく、むしろ1万円札が消えてしまう日がそのうちやってくるのではないだろうか。

1万円札が消える日~現金は無くなるか~

関連記事

  1. フィンテック

    「ロボアド」をご存知ですか?

    近年、注目度が上昇しているロボットアドバイザー(ロボアド)。東海東京証…

  2. フィンテック

    金融相「異端から革新生まれる」 フィンテック・サミット

    フィンテック(金融とテクノロジーの融合)をテーマに金融庁と日本経済新聞…

  3. フィンテック

    仮想通貨関連の職種、下落市場にも関わらず依然として関心強い

    雇用者と求職者、双方からのブロックチェーンと仮想通貨に関連する仕事への…

  4. フィンテック

    ソラミツ、楽天証券ブロックチェーン技術で共同開発開始

    ソラミツ、楽天証券は8月23日、ブロックチェーン技術を利用した本人確認…

  5. フィンテック

    プラットフォームで国際送金ーーウェルズファーゴ、ANZ銀行

    ウェルズファーゴとオーストラリア・ニュージーランド(ANZ)銀行が、共…

  6. フィンテック

    スマホがSuica決済端末となる実証実験をJR東日本が開始

    東日本旅客鉄道(JR東日本)は6日、スマートフォン(スマホ)がICカー…

過去記事

新着記事

アクセストレード パートナーサイト募集
QUOINEX
  1. ビットコイン(BTC)

    ビットコイン値上がりでまさかのETF認可先送りの可能性
  2. ビットコイン(BTC)

    11月に仮想通貨市場の変動が大きかった4つの理由と12月の見通し-SFOX
  3. 仮想通貨市況

    ビットコイン:5月22日の相場
  4. ビットコイン(BTC)

    三井住友海上保険が仮想通貨取引所向けの保険サービスを開始
  5. ブロックチェーン

    山陰合同銀行、社員食堂で仮想通貨支払い
PAGE TOP