米大統領で初、スマホアプリ利用の「ブロックチェーン投票」実現=Fox News

ブロックチェーン
この記事は約1分で読めます。

投票にブロックチェーンを活用

米大統領選挙の本選挙で初めて、ブロックチェーンを活用した投票が行われた。大手メディア「Fox News」が報じた。投票にブロックチェーンを利用したのは、アメリカ西部に位置するユタ州で、スマートフォンのアプリを介して投票を実施した。

新型コロナウイルスの影響で、郵送による投票が増えることが予想され、集計の遅れや投票の信憑性が懸念される中、改ざん耐性の高いブロックチェーンを活用し、選挙の完全性を目指す取り組みを目指す。投票率の向上も期待される。

今回ユタ州で利用されているのは投票アプリ「Voatz」だ。顔写真等の情報を登録し、自身をカメラで撮影することによって本人確認を行う仕組みだ。今までも米国の他の選挙で利用された実績がある。

過去に5つの選挙でVoatzを利用してきたユタ州の担当者は「今回の本選挙は最もコストを削減できた選挙の1つだ」と成果をアピール。「技術革新において、ユタ州や米国を主導したことを誇りに思う」と述べた。

今年3月には、米ウエストバージニア州が、大統領選挙の予備選でのVoatz利用を断念したことが報じられた。関係者の知識や実績不足などから、セキュリティ上の懸念が完全に拭えなかったと説明している。

タイトルとURLをコピーしました