米TIME、仮想で「タイムズ・スクエア」構築へ

暗号通貨全般
この記事は約1分で読めます。

仮想タイムズ・スクエア構築へ

米著名ニュース誌TIMEは21日、ボクセルアート系のNFTゲーム「ザ・サンドボックス(SAND)」と提携し、バーチャル版「タイムズ・スクエア」を構築する計画を発表した。

この発表は、現在ニューヨーク市で開催中の大型NFTイベント「NFT.NYC」でTIMEのKeith A. Grossman社長が発表した内容だ。

TIMEは保有するザ・サンドボックス上のランド(仮想土地)でユーザーの召集や芸術、商業のための目的地として、NY市マンハッタン区ミッドタウンにある繁華街・交差点の「タイムズ・スクエア」を再現する計画だ。

タイムズ・スクエアの構築を担当するのは、TIME傘下の「TIMEPieces(タイムピーシズ)」。タイムピーシズはTIMEは2021年9月にローンチしたWeb3コミュニティの事業で、過去にはOpenSeaでTIMEの公式NFTを販売していた。

なお、ザ・サンドボックスと提携する企業は今も増え続けている。先週、米エンターテイメント大手のLionsgateと提携し、人気作RamboやThe Expendables、Hellboyなどをフィーチャーする「Action City」というメタバースを構築する計画が発表された。

タイトルとURLをコピーしました