アルトコイン

韓国最大の取引所がライトコインに対応、価格は30ドルに

ライトコインの価格は、ビットコインコア開発チームのSegWit有効化以降、増加しています。ライトコインに対する需要の増加は、ライトコインに多くのユーザーと投資家を呼び込む結果となり、主要なデジタル通貨の仲間入りとなった。


(LTCがたった今韓国最大のBithumbが取り扱い開始。既に3番目に大きな取引量だ!)

ここ最近、ライトコインクリエイターとCoinbaseエンジニアリング担当ディレクターCharlie Lee氏は、韓国最大の仮想塚取引所であるBithumbがライトコインの取引に対応することを明らかにした。 Bithumbの発表直後、ライトコインの日々の取引量は約80〜100億ドルから急増した。さらに、Bithumbは数日のうちに世界で3番目に大きなライトコイン取引所としての地位を確立した。

Binumbは、CoinMarketCapを含む様々な仮想通貨データ提供者によると、ライトコインの日々の取引量の約8.3%を取り扱う、世界市場で3番目に大きなライトコイン取引所としての地位を維持している。現在、Bithumbにおけるライトコインの1日の取引量は1,450万ドルに相当し、BTC-EおよびBitfinexよりも高い。

イーサリアムからライトコインへ?

5月5日には、韓国がイーサリアム市場で最大のシェアを誇っていることが明らかになりました。取引量は1億500万ドルで、世界のイーサリアム市場の21%を占めていることになる。


(今、韓国は正式に、中国とアメリカを抜いて21%シェアを持つ、イーサリアムの最大取引国だ。)

ビットコインのスケーラビリティ問題やハッキングに対する懸念の裏には、イーサリアムの爆発的な成長が原因であると考えていました。実際に、韓国のビットコイン取引所のうちの1社、”Yapizon”がハッキングされたとき、競合する仮想通貨のリップル(リプル)とイーサのようなオルトコインの取引量が急増した。

Jake Kim氏(勧告を拠点とする開発者であり、ビットコインのリサーチ専門家)によると、

ライトコインは地域社会や投資家の関心を集め始めています。

Bithumbの取引量が爆発的に増加するような、Litecoinへの投資を検討しているコミュニティもある。

とKim氏は、説明した。

ライトコインの現在の(上昇)トレンドと、韓国のBithumbでライトコイン取り扱いが始まったことが起因であると正当化するのは難しいが、ライトコインの取引ボリュームを異常だとする投資家の見方は少ないようだ。

本日、ライトコインはやや価格を下げたものの、この1週間で倍以上となっており、29ドル台を推移している。chart(1)

出典:https://cointelegraph.com/news/litecoin-price-surges-to-30-as-south-koreas-largest-exchange-adds-support
Litecoin Price Surges to $30 as South Korea’s Largest Exchange Adds Support

関連記事

  1. アルトコイン

    ICO相次ぎ買い殺到でイーサリアムが下落

    イーサリアム(ETH)の価格がここ数日下落している。このところの人気の…

  2. アルトコイン

    ビットコインが9000ドル以上を保っている3つの理由

    ビットコインはこの前の週末に9,000ドルを超え、年初来累計で150%…

  3. アルトコイン

    Bitcoin Cash実行するもハッシュレート上がらず

    BCC誕生8月1日の夜10時前ごろ、仮想通貨界を騒がせたBit…

  4. アルトコイン

    ブルームバーグ、億万長者マイケル・ノヴォグラッツと仮想通貨インデックスを発表

    ブルームバーグは、億万長者でビットコイン推しのマイケル・ノボグラッツが…

  5. アルトコイン

    アメリカンエクスプレス、リップルと提携を発表

    11月16日木曜日アメリカン・エキスプレスは、同社のFXインターナショ…

過去記事

新着記事

PAGE TOP