アルトコイン

Apple PayにRippleの技術を採用!?

ソリューションと製品が商業市場に大きく影響する世界最大企業の一つ、アップル。そんな技術的な巨大企業も暗号通貨とブロックチェーン技術を追ってきました。


(Apple本社の新社屋Apple Peak)

新しく入ってきたニュースを総合して噂されているのが、カリフォルニア州クパチーノに本社のあるアップルが、自社決済サービスであるアップルペイ(Apple Pay)の為に、リップル(Ripple)社の技術である「ILP(interledger protocol)」の拡張機能を使用したPayment Request APIの導入を行なうのではないか。ということ。

インターレジャー(interledger);
インターレジャーとは、異なるレジストリ間の支払いを目的としたオープンソースプロトコル。
リップル社が開発したインターレジャーで異なるネットワークを持つ個人間の支払いに対応することができます。

リップルは市場でも最も強力なデジタル通貨の一つです。現時点ではビットコインとイーサリアムに次いで時価総額は3位の仮想通貨となっています。

一部の銀行や金融機関は、顧客にとってより高いレベルのサービスを提供するためにリップルの技術をテストしています。

ILPは、送金システムとして問題なく確立されているため、より高度な過程で支払いを処理できます。 Interledgerの長期計画は、仮想通貨を組み合わせることができるグローバルなネットワークを構築することです。

しかし、アップルがXRPやその他の仮想通貨を決済サービスに使えるようになる。という正式な発表はまだ何もありません。

このプロトコルを導入できる環境にある。という事実だけなので、これからすぐにアップルペイでXRPの採用が決まるという情報はありません。将来的にそのようになるのかどうか続報を待ちましょう。

出典:https://thebitcoinnews.com/apple-uses-technology-from-ripple-for-applepay/
Apple uses technology from Ripple for ApplePay

ビットフライヤーは金融庁認可済みの取引所です☆彡
登録無料。サポート、サーバーの安定性などバランス良し。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連記事

  1. アルトコイン

    イーサリアム4度目のハードフォークを告知

    以前より予定されていた、イーサリアムの4度目のハードフォークが、海外コ…

  2. アルトコイン

    市場はイーサリアムのフォークを望ましいものだったと捉えている – Roger Ver氏

    イーサリアムのフォークの目的は盗まれたファンドの孤立化にあった…

  3. アルトコイン

    イーサリアムの「ビザンチウム」ハードフォークが延期

    Coindeskの報道によるとイーサリアムの第3弾ハードフォークとなる…

  4. アルトコイン

    ビットコインランサムウェアWannaCryの脅威 – Window利用者はご注意を

    世界各地で大規模なサイバー攻撃が相次いでいる問題で、ユーロポール(ヨー…

  5. アルトコイン

    カナダのテクノロジーラボ–イーサリアム用身分確認システム開発中

    国際大手情報企業、トムソン・ロイターがカナダのトロント金融タワー内にテ…

過去記事

新着記事

bitbank(ビットバンク)なら仮想通貨を貸して増やせる!1年間最大年率5%!
アクセストレード パートナーサイト募集
PAGE TOP