アルトコイン

リップル、第1四半期は前期比83%増

リップル(Ripple)は、XRPの売上げ高の上昇について報告を上げています。

リップル社のサイトに掲載された記事によると、同社は2018年の最初の3ヶ月間でXRPを1億6770万ドル販売し、前期比83%の増加、更には2017年の第1四半期と比較して2,400%の増加となりました。

リップルのコーポレートコミュニケーション部門責任者であるトム・チャニック(Tom Channick)氏は、XRPの売上高は「期待を上回った」と語りました。

企業として、当社の戦略は、我々の技術を使うために顧客に参加してもらい、その顧客を製品へ促すことに焦点を当てています。我々がこれを続けることによって、世界中のお金のめぐり方を変えていけるのです。

2017年末の5.3%から3月末の6.9%に増加したことで、第1四半期に成長した仮想通貨市場全体にXRPは影響を及ぼしました。
 
仮想通貨市場に占めるシェアについては

2017年11月24日と2018年3月31日の仮想通貨の総時価総額は同じでしたが、XRP自体の時価総額のシェアは倍になり、3.56%から7.57%に上昇しました。

XRPの価格は2017年後半に12月初めの0.25ドル以下から1月初めの3.84ドルのピークまで上昇しましたが、トークンのその後の落ち込みは急激で、1ヵ月以内には1ドル弱で取引されるようになりました。(執筆時点では、1 XRPは約0.83ドルです。)

リップルの第1四半期の報告書には、世界的な規制や未来への不確実性が及ぼしたネガティブな影響が価格に現れたとしています。

リップルは、効率を高め、支払いのコストを削減する手段、特に国境を越えて取引される手段として、銀行に対するXRPおよびその他のソリューションを提供しています。

熱烈なファンを獲得しただけでなく、その自身の発行体の力が及ぶ範囲と、導入されるペースに関して、批判も同じく集めてきました。

“いつでもXRP供給の確実性を生み出すために。”

リップルは12月にエスクロー口座に550億のXRPをロックアップしました。同社は「XRPエコシステムへの投資を支援するために、さまざまな方法で使用しています。」として第1四半期に、この中から約3億XRPをリリースしています。

出典:https://www.coindesk.com/ripples-q1-report-direct-xrp-sales-fell-but-share-of-crypto-market-rose/
Ripple Says Sales of XRP Cryptocurrency Rose 83% In Q1

【XRPも取り扱い】ビットフライヤーは金融庁認可済みの取引所。
登録無料。初心者はまず国内の取引所からスタートを。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連記事

  1. アルトコイン

    イーサリアムは今週300ドルを超える可能性がある

    イーサリアム(ETH)は直近2、3週間の間、一定の価格帯で推移するレン…

  2. アルトコイン

    英国、銀行口座へ送金できる仮想通貨決済プラットフォームが登場

    ロンドンを拠点とする「Aave Pay」が、仮想通貨の普及を促進につな…

  3. アルトコイン

    ウィキペディアがビットコインキャッシュでの寄付を受け入れ

    インターネット上で無料で閲覧することが出来るオープンソース形式の百科辞…

  4. アルトコイン

    フィディリティ、3月にビットコインのカストディサービスを開始予定か

    米大手投資信託会社のフィデリティはビットコインのカストディ(保管)サー…

  5. アルトコイン

    セキュリティ上の脆弱性が発見されイーサリアムのハードフォーク「コンスタンティノープル」延期が決定

    イーサリアム待望のコンスタンティノープルの大型アップグレードは、予定し…

過去記事

新着記事

PAGE TOP