フィンテック

iPhoneでApple Payの提供開始

Appleが提供する電子決済サービスApple Payの提供が日本でもはじまりました。Apple Payを利用すれば、Suicaカードを持っていなくても、iPhone7をかざすだけで改札を通り抜けられるようになります。

ユーザーにとって待ちに待った導入当日、JR東日本のIC乗車券であるSuicaカードを登録するシステムがまさかのダウン!初日の朝に早速登録しようとするユーザーが大変多かったようです。

日本で非常に人気のあるiPhone、そのおサイフケータイとも言えるApple Payの登場によって、決済環境は大きく変わり、企業にはいろいろな影響が出ることでしょう。このApple Payとはどういうものなのでしょうか?気になりますよね。

その仕組みとは?

実はiPhone6/6Plusにも搭載されていたNFC (Near Field Communication)機能によって、非接触型(かざすだけ)の電子決済サービスは可能でした。しかし、このNFCは海外ではTypeA/Bというものが主流であり、iPhone6/6Plusはこれにのみ対応していました。アップルはまず海外向けにこの電子決済システムを搭載していたのです。

一方、日本ではソニーによる「FeliCa」が一般的に利用されており、今回アップルはiPhone7で初めてこのFelicaにも対応しました。iPhoneユーザーが多い、日本を非常に意識した試みだと思われます。
(アップルが日本を意識した部分は非常に多く見て取れます。他にも9月のアップル新製品発表会では、日本の会社、任天堂の新しいスマホゲーム、スーパーマリオランと同時に発表されました。)

日本でのApple Payサービスは大きく分けて以下の2つに分けられます。
・電子マネーのシステム(Felica)を活用したSuicaなど交通系電子マネーとして利用
・クレジットカード決済

iPhoneのApple Payでは、クレジットカードやSuicaの情報をiPhoneに登録することが必要になります。その登録した情報を使って電子的に決済できるようになるという仕組みなのです。

ズバリ!Apple Payの便利なところは?

iPhoneやiPhone Plusを使った電子決済サービスであるApple Pay。「クレジットカードやSuicaを持ち歩かなくてよい」「iPhoneだけで買い物の決済が出来る」いろいろなメリットが挙げられるが、この章でそれらについて整理する。

・モバイルSuicaで電車に乗車できる
・iD, Quick Payといった電子マネーサービスで買い物ができる
・クレジットカード決済ができる
・ANAのチケットレス航空券サービスに対応しているためiPhoneだけで飛行機に乗れる

これらの機能はSuicaであっても「無料」で使えるそうです。これはモバイルSuicaをAndroidや従来型携帯電話で使うと月額料金が1030円かかることを考えても大きなメリットがありますね!

applepay_card
(Apple Payに対応しているクレジットカード会社)

Apple Payを使う時はここに注意!

・EX-IC(東海道・山陽新幹線のICカードを利用した予約・乗車システム)が利用できない
・銀行口座からのチャージできない
・一部のネット決済サービスが利用できない
・AndroidなどでモバイルSuicaを使っていた場合で、再発行登録していた場合はiPhoneに引き継ぐことができない

Androidや従来型の携帯電話でモバイルSuicaを使っていた場合は、注意が必要ですね。

金融機関の脅威

Appleは従来からWalletなどでカードの履歴を管理しているため、Apple Payと組み合わせることで、より便利なサービスが展開され、クレジットカード会社には不都合なことも出てくるでしょう。Apple PayによってAppleがクレジットカードを介さない独自の決済システムを設定してしまう可能性もあり、そうなると既存の金融機関などにとっては脅威となります。今後Android Payが開始されないとも限らず、金融機関等もより魅力的なサービスが必要になるでしょう。

アンチ仮想通貨のアップル?

アップルは最近、いくつかの海外の仮想通貨ウォレットアプリ(Jaxx)を承認しませんでした。理由は、アップルが「ETC(イーサリアム・クラシック)」や「DASH(ダッシュ)」などの仮想通貨を取り扱うことを禁止したのをアプリ製作側が聞き入れなかったためですが、このApple Payの独占的立場を築く為だとも噂されています。日本国内で言えばFactom(ファクトム)の取り扱いを始めたCoincheck(コインチェック)などアップルが承認していない仮想通貨なので、今後iPhoneの判断が気になるところ。

勢いを増す仮想通貨業界、新しいサービスを打ち出すアップル、今後の動向に益々注目です。

出典:iPhoneでモバイルSuica? Apple Payが日本の決済環境・企業にもたらす意味、影響とは
ttps://zuuonline.com/archives/126431

関連記事

  1. フィンテック

    「ロボアド」をご存知ですか?

    近年、注目度が上昇しているロボットアドバイザー(ロボアド)。東海東京証…

  2. フィンテック

    金融相「異端から革新生まれる」 フィンテック・サミット

    フィンテック(金融とテクノロジーの融合)をテーマに金融庁と日本経済新聞…

  3. フィンテック

    韓国のサムスングループもフィンテック事業に乗り出した!?

    ブロックチェーンは、インターネット以来の大革命。韓国のサムスングループ…

  4. フィンテック

    金融庁のFintech相談窓口への相談件数は半年で91件

    特にベンチャー企業が開業する時の法規制についての相談が多いようで、開業…

  5. フィンテック

    みずほ銀行 新たな決済サービス、エムウォレット設立

    株式会社みずほフィナンシャルグループ、株式会社みずほ銀行、株式会社 メ…

  6. フィンテック

    iPhone次期バージョンがFeliCaに対応、17年からApple Payを開始へ

    米アップルはソニー子会社と組み、来年中に日本でスマートフォン(スマホ)…

過去記事

新着記事

PAGE TOP