米大統領候補トランプ氏が当選でビットコイン取引急増?

ビットコイン(BTC)
この記事は約3分で読めます。

トランプ氏がもしも当選するとなった場合、経済に与える影響も大きいが、ビットコイン取引が大幅に増加する可能性もあると各社の記事が伝えています。なんでも、経済が不安定な時期に、ビットコイン価格が急上昇する傾向があるらしく、Juniper Researchの調べではトランプ氏の当選の後にも同様のことが起こるのではないかと予想されているそう。

経済が不安定な今の状況

熾烈な争いを繰り広げる米大統領選によって、アジア株が7週間ぶりの安値となり、米ドルが対円、対ユーロで後退したと、11月2日水曜日に報道がありました。これはドナルド・トランプ氏が、対立するヒラリー・クリントン氏とのポイント差を縮め始めたとの報道から、資産をスイス・フランや金などに変えて、リスク回避せざるを得ない状況にあるためであると、ロイター通信は伝えています。

最近また高値を付け始めているビットコインは、セーフ・ヘイブンにおける金の代替資産として、現在の市場の見通しから鑑みるれば適しているのではないだろうか。

トランプ氏とビットコイン

ビットコインが急激に700ドル台まで高騰した理由が、トランプ氏の大統領立候補、連日に続く支持率急増が理由であるという証拠は何も存在しませんが、並行してビットコインの人気が高まりつつあるのは事実です。

Juniper Researchの調べではトランプ氏の当選の後にはビットコインの価格上昇が起こるのではないかと予想されています。レポート作成者であるWindsor Holden氏は、インタビューで、経済学者たちの懸念を招いているのはトランプ氏の中国とメキシコに対する『攻撃的な態度』および『イスラム教に対する_90988391_mediaitem90988388好戦的な発言』によるものだと述べています。

一方で、イギリスのFTSE、ドイツのDAX、そしてフランスのCACは、メキシコのペソと同様に0.5%から0.8%下げており、11月1日付けで過去2ヶ月最大の下落、損失はドルで19.380、10月上旬から最低規模に達し、メキシコ人は特にトランプ氏が大統領になることを危惧していると考えられます。

Juniper社の予測責任者でもあるHolden氏曰く

もしトランプ大統領の誕生が確かになれば、ビットコインの取引量は引きあがり、それとともにビットコイン価格も上昇する可能性がある。

との事。自分が当選したら、経済にマイナス影響が出るだろうから、リスク回避のために資金が流れるなんて、悲しいですよね(笑)大統領としては駄目だと言われているようなものです。

トランプ氏以外の要因

先日お伝えした、人民元の下落と英国のEU離脱による不確実性もまたビットコインがヘッジ先とみなされる理由として挙げられています。

[clink url=”http://tradebitlab.com/2016/11/01/01-11/”]

ビットコインの普及

Juniperは様々な社会的・経済的課題の結果としての世界の不安定さもまたビットコインの普及の要因の一つとして報告している。社会の不安定さに中で、処理コストが低いことや国境を越えた取引が簡単であることなどのメリットがビットコインの普及につながっているという予測です。

出典:ドナルド・トランプ大統領候補がビットコイン取引を増やす可能性

出典:トランプ氏がヒラリー氏とのポイント差を縮めたとの報道から市場下落を懸念しヘッジ取引が急増
https://jp.cointelegraph.com/news/bitcoin-us-elections-surge-in-hedges-against-market-decline-as-trump-leadsJP/jp

タイトルとURLをコピーしました